法然とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

 

平安時代末期から鎌倉時代にかけて浄土宗を広めた

法然

彼はどんな人物で、どんな人生を送ったのでしょうか。

今回は法然の生涯について、簡単に紹介していきます。

 

法然はどんな人?

プロフィール
  • 出身地: 美作国(現在の岡山県)
  • 生年月日: 1133年4月7日
  • 死亡年月日: 1212年1月25日(享年 80歳)
  • 浄土宗の開祖。専修念仏の教えを説いた。諱(いみな)は源空。

 

法然 年表

年表

西暦(年齢)

1133年(1歳)美作国(現在の岡山県)に生まれる。(幼名、 勢至丸)

1141年(9歳)父が夜襲に遭い、死亡。

1147年(13歳)比叡山延暦寺に登り、源光・皇円に師事。授戒。

1150年(18歳)京都・黒谷に移り、叡空に師事。

1175年(43歳)浄土宗を開宗。

1186年(54歳)大原問答

1198年(66歳)『選択本願念仏集』を著す。

1207年(75歳) 讃岐に流されるも、同年赦免。

1211年(79歳)京都に戻る。

1212年(80歳)京都東山吉水で入滅。

 

浄土宗を開宗した法然の生涯と死後

法然は美作国の押領使(おうりょうし)・漆間時国(うるま・ときくに)の子として誕生しました。

幼名は勢至丸(せいしまる)といいます。

父の死がきっかけで仏門に

法然が9つのとき、父は夜襲に遭って亡くなっています。

瀕死の父親は法然に対し、「決して仇を討たないように」との遺言を残しました。

この出来事がきっかけで法然は、叔父の僧・観覚(かんがく)に引き取られます。

そして観覚の勧めによって、法然は比叡山延暦寺に登ることになりました。

比叡山で学ぶ

延暦寺では源光(げんくう)、そして皇円(こうえん)という僧に師事します。

その後は京都の黒谷(くろだに)という場所で、叡空(えいくう)の下に学びました。

このとき、法然房源空(ほうねんぼうげんくう)の名を授けられています。

浄土宗を開く

やがて唐の僧・善導大師(613~681)に傾倒。

善導の著書・『観無量寿経疏』の「散善義」を読み、専修念仏(せんじゅねんぶつ)(※)の教えに行きつきました。

※ 往生するには「南無阿弥陀仏」をひたすら唱えることが必要とする考えのこと

そして京都東山の吉水(よしみず)に移り住み、老若貴賤問わず布教を始めます。

ここに、浄土宗が誕生したのです。

讃岐に配流

法然の教えは源平の争乱後、京都周辺の公家や武士たちを中心に広まりました。

しかし、従来の仏教勢力は子の状況を快く思いませんでした。

迫害を受けるに至った法然は、讃岐(現在の香川県)に流されます。

そのとき、法然は75歳でした。

ですがすぐに許されて再び京都に戻りますが、翌年に入滅しました(享年80)。

 

法然にまつわるエピソード

それでは法然にまつわるエピソードを二つご紹介します。

藤井元彦にさせられる

讃岐に流罪が決まった法然は、強制的に還俗(げんぞく/出家した人が一般人に戻ること)させられました。

そのときに与えられた名前は藤井元彦

今の時代にも普通にいそうですね。笑

死後も続く弾圧

法然の死後も、旧仏教の浄土宗に対する迫害は続きます。

墓所が破壊され、さらに遺骸を鴨川に流す計画まで持ち上がっていたようです。

そこで弟子たちは法然の遺骸をこっそりと移し、荼毘(だび)に付します。

そして法然の遺骨は、京都の知恩院などに分骨されました。

 

きょうのまとめ

今回は浄土宗の開祖・法然の生涯についてご紹介しました。

法然とは?

①  父の死がきっかけで仏門に入った

②  浄土宗を改宗するも、旧仏教側からの迫害を受けた

③ 迫害は法然の死後も続き、お墓が壊された

こちらのサイトでは他にも、鎌倉仏教にまつわる記事をわかりやすく書いています。

より理解を深めたい方は、ぜひお読みになってくださいね。

 

関連記事 >>>> 「法然・親鸞・日蓮よくわからない鎌倉仏教の概要を簡単に説明」

関連記事 >>>> 「法然上人二十五霊場巡りをして御朱印を集めてみては?」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 5 =