浪花節だよ浄瑠璃は♪近松門左衛門とそのお墓

 

はあ?

さよですかい。

今宵はわしの墓のことが聞きたい?

そりゃずいぶん酔狂なこってすな(笑)。

ええで。

ほな今宵は、

わし近松門左衛門の、

のうなってしもうた”後の祭り”を、

ぞんぶんに語らせてもらいましょう。

まあ、そないたいした話でもないでっさかいけどな(笑)

 

お気の毒、ちかまっつぁんのからみ酒……。だれがやっ!!

おお、あんさん。

そう、あんさんや。

んで、わしのこと知っとるんですかいな。

そうや。

わっしゃ。

わしのこっちゃ。

近松門左衛門や。

えろ、大仰に大見えきりおおておもたやろ。

ええ。

ええで。

わっしゃな。

生まれは越前(福井県東北部)や。

そうや。

田舎もんやおもたやろ。

そうや。

んなもんや。

しかもな。

わっしゃ武家の次男坊や。

わかるか?

あんたらの時代にこれがわかりおるかなあ?

武家みたいなもんな。

長男が花や。

ましてわしみたいなもんなあ。

あかん。

あかんねや。

わっしは……。

性根のすわらん
どこでもやってけへんような
親不孝の
どぐされ野郎……。

 

わしゃ、これでも武家の生まれや!

さ、早速浪花節ぶちかましたところで、本題に入りましょかいの。

墓?

墓ですな。

おお、尼(あま。兵庫県尼崎のこと)知っとるか?

そうや、尼や。

ほう、わかっとるか(微笑)

そりゃ結構なこっちゃ。

わっしゃな、尼とは切っても切れん!

広済寺て知っとるか。

法華宗(日蓮宗)の寺や。

わしゃこう見えても法華門徒やで。

宗門徒(浄土真宗の信徒。北陸地方に多い。また、どちらかというと庶民的)やおもたやろ。

ちゃう!

ちゃうわいの。

忘れんなよ。

わしゃ、これでも武家の生まれや!

 

ちかまっつぁん、前口上が長すぎまっせ!!

うるさいて!

ああ、ほないか……。

そら失敬。

失敬やな、……。

広済寺のな。日昌おしょうとはな。えろようつきあわせてもろとんねん。

ここの再興のおりにはな、ちょいと手かさせてもろた。

それから、うちのえろ長生きさせてもろたオフクロがな。

のうなってしもうた時に、法要させてもろたんもここや。

おたく、知っとるか?

『女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく)』て。

なんや、知らんのかいな(微妙に怒り。ってだれが客入らんでお蔵入りて……いらんこと言わんでよろしいっ!)

野崎参りに舞台は茶屋、のどかな山が遠くに見えます。

「船は新造の乗り心サヨイヨエ、君と我とは図に乗つた乗つて来た。しつとん、しつとん、しつとんとん(舟をこぐ音)」

て。

ええか。勉強してこなあかんで。

わっしの代表作やないか。

あの千恵蔵(片岡千恵蔵)が昭和なって演じとるねん。

平成なったかて堤真一が……。

そんなんも知らんで。

ん?

ああ、せやせや。

わかったわかった。

……。

ええとですな。

わしの世話もん(世話物。町人や歴史的敗者など、社会的に弱い立場の人の心情にスポットライトを当てた義理人情物語)の代表作『女殺油地獄』はな。

その大半がこの広済寺で書かせてもろてできあがったもんや。

ここの裏にはその名も

「近松座敷」

書き上げるために一人こもった特注の部屋があるねん。

ここやないと書けへん!

作家っちゅうもんはな。そういうもんじゃ!!

 

こりゃえろ果報(かほう。ありがたいこと)いうんか。恐れ多いの。
墓があっちもこっちもぎょおさん(いっぱい)。

わっしの墓はな!

この広済寺さんだけやちゃいまっせ!

大阪の谷町にかてな。

その後、移らはった大東(だいとう。大阪府大東市)の法妙寺にかてあんねん!

わかったか!

わっしゃな、この”浄瑠璃”の台本に人生全部丸投げしたんじゃい!!

この世の人生の敗者。

いや、この大きな歴史でともすればうもれてしまいかねん。

せやけど、この世で事実としてその人の生をまっとうしておる人らをな。

描き切らんな気ぃすまんかったんや。

それがわっしの作家根性や!

 

「時代に合ったんですね」

あんた。それ、いいっこなしやんか……(微笑)。

 

きょうのまとめ

おもに上方に栄えた元禄文化。

乱世が終わってもう100年前後。

勝った、負けた、とは違う庶民が中心の文化が大いに花開きました。

作る人は封建社会では敗者の次男坊。

そして、見る人たちはフツーの町民などの方々。

復興の大都市”大坂の夢”をだれかさんはみごとに勝ち取りました、とさ。

① 近松門左衛門は越前出身で武士の次男坊やねんて

② 近松門左衛門は代表作『女殺油地獄』なんかを尼崎の広済寺に10年も通いつめて書き上げはったらしいけど。広済寺以外に、谷町にも大東にもお墓があるってほんまなん?(ほんまです)

③ 近松門左衛門も制作にはげんだ”世話物”は、町人や歴史的敗者にスポットライトを当てた人情味あふれる「時代に合った大衆芸能」じゃ!!!

「近松さん、何か言い残したことがあればおっしゃってください」

だれが言い残したことや。

わしの書いた作品は永遠じゃ!!!

追伸)広済寺の近くには「近松記念館」いうのがあるから見てったって。

~さえずり散らしてなんぼう~

「東洋のシェークスピア」近松門左衛門様より

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + 4 =