浅井長政の子孫は現在も続いてる?

 

浅井家は、織田信長との戦に負けて滅びました。

浅井長政(あざいながまさ)は小谷城にて自害し、嫡男も織田信長に捕らえられて殺されているので、

浅井家嫡流は途絶えたことになります。

しかし、小谷城落城の際にお市と3人の娘たちが助けられています。

その娘たちの血筋は、女系ではありますが浅井長政の子孫ということになります。

浅井長政の子孫は現代も続いているのか、見ていきましょう。

現在も続く浅井長政の子孫

浅井長政の子孫は現代まで続いているのでしょうか?

3人の娘たちの子孫をそれぞれ調べてみました。

茶々(ちゃちゃ)の子孫

長女の茶々は豊臣秀吉の側室となります。

兄・万福丸(まんぷくまる)は信長の命令で秀吉によって殺されています。

養父である柴田勝家と母・お市は、秀吉との戦いに敗れて自害しています。

つまりは、兄や母の仇(かたき)とも言える秀吉に嫁いでいるのです。

戦国の世と言え、さぞ複雑な心境だったでしょう。

秀吉に嫁いで最初の男児であった鶴松(つるまつ)を生みます。

この時に秀吉から茶々に贈られた山城淀城(やましろよどじょう)で、鶴松を出産したことから「 淀殿 」「 淀の方 」と呼ばれるようになります。

しかし鶴松は、わずか3歳で早世してしまいます。

次に生まれたのが、嫡男となる秀頼(ひでより)です。

嫡男の生母として栄華を極めますが、徳川家と対立した大阪夏の陣で、大阪城は落城し、息子・秀頼と共に自害します。

よって、茶々の血筋はここで途絶えることとなります。

 
浅井長政とお市の子供は三姉妹以外にも?!

初(はつ)の子孫

次女の初は、京極高次(きょうごくたかつぐ)の正室となります。

京極高次は、父・長政の姉の子供ですから、従兄同士の結婚と言うことになります。

京極家は、室町幕府で高い要職を世襲する名門でしたが、初が嫁いだ頃にはだいぶ衰退してしまっていました。

その京極家を再興させたのは、初の内助の功が大きかったと言われています。

姉・茶々と妹・江が豊臣と徳川という敵同士に別れた時にも、両家の関係を改善するために手を尽くしました。

とても姉妹想いだったんですね。

しかし、初は子宝には恵まれなかったため、初の血筋もここで途絶えます。

江(ごう)の子孫

三女の江は、佐治一成(さじかずなり)に正室として嫁ぎますが、離縁します。

一説には、秀吉に離縁させられたとも言われています。

次に、秀吉の甥である豊臣秀勝(とよとみひでかつ)に嫁ぎますが、秀勝は病死してしまい、3度目の結婚で2代将軍・徳川秀忠(とくがわひでただ)に嫁ぎ、3代将軍・家光を含む2男5女を授かります。

実はこの江の血筋が、現代にも続いているのです。

2番目の夫である秀勝との間に生まれた完子(さだこ)は、公家である九条家に嫁ぎます。

秀忠との間に生まれた三女・勝姫(かつひめ)の娘もまた九条家に嫁いでいます。

大正天皇の妃となった節子(さだこ)は、この九条家の出身です。

今の天皇家は節子を通して、織田・浅井・豊臣・徳川の血を受け継いでいるのです。

つまり浅井長政の子孫は、天皇家という形で現在も続いていると言うことです。

まとめ

浅井長政の子孫についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

天皇家に繋がっているとは驚きでした。

家は滅んでも、血は脈々と受け継がれていくのですね。










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + 9 =