青木昆陽サツマイモ試作地と「昆陽神社」~千葉県幕張と九十九里歴史探訪~

 

幕張(まくはり)と言えばなにを思い浮かべるでしょうか。

幕張メッセ。

幕張海岸。

千葉ロッテマリーンズ。

確かに、
どれもおっしゃる通りです。

が、
実はここ。
あの青木昆陽サツマイモの試作を行った地でもあるんです。

おおげさでなく
後の世に長らく何千万、何億という人々を飢えから救った日本史上重要なヒストリースポット。

すぐ間近にはそんな大偉業を世に残した青木昆陽を顕彰(けんしょう)する神社があり、

今も地元の人々を中心に尊崇を集めております。

また、
同じ千葉県でも東海岸
九十九里にも
青木昆陽甘藷(かんしょ。サツマイモ)試作の地があります。

こちらは風光明媚な九十九里浜だけでなく、

ほかのさりげない歴史旧所の数々ともほど近くに見て回れます。

ふらりと足をのばしてみるのもいいかもしれません。

 

幕張の、日本の、救世主への祈り「昆陽神社」

京成幕張駅から徒歩1分
の地にその人はまつられております。

「昆陽神社」

時は享保。

極端な異常気象が日本国中を突然にして連年おそい、

死者1万~数十万人ともいう

深刻な被害をもたらしました。

享保の大飢饉(1731~33年)です。

そして、
幕政においては質実剛健でならす徳川8代将軍吉宗が改革を主導するまっただ中。

その下、
江戸の執政官として着実に成果を挙げていたのが大岡忠相(ただすけ。”大岡越前”で有名ですね)。

そしてこの忠相があえて市中から抜擢(ばってき)したのがだれあろうこの青木昆陽。

次なる飢饉の対策へと、世から重大にせまられていた幕府から

「飢饉に強い作物を」

と託(たく)され、

見出したのが

「サツマイモの普及」

天候不順に強く、

荒れた土地でも育ち、

病気に負けず、

栄養価が高く、

長期保存が効く。

そんな魔法のような作物をより広く、身近に。

様々な苦難を乗り越え、

やがて品種改良を加えながら、

全国へと普及してゆき、

あまりに多くの人々の暮らしと命を救いました。

そして、
この幕張近在においてもその効能あって

あの天明・天保両大飢饉において餓死者が一人も出なかった

といわれます。

こうして
人々はそのあまりにもの遺徳の偉大さに

「イモ神様」

「昆陽神社」

として崇(あが)め奉(たてまつ)るようになったのです。

すぐ近く、京成幕張駅の真ん前当たりには

「昆陽先生甘藷試作之地」

の石碑も立っております。

 

幕張昆陽グルメおしながき

もうあれから300年近くたってますが、

人々の思いはなおも健在です。

サツマイモ焼酎

サツマイモ大福

スイートポテト

イモワッサン(サツマイモ+クロワッサン)

サツマイモ焼酎ケーキ

サツマイモパウンドケーキ

さつまいもういろう

のんべえにも、
スイーツ好きの女性にも、
受けがよさそうですね。

ちょっと寄り道や、おみやげ物にいかがでしょう。

九十九里町にもある青木昆陽甘藷試作の地と……

千葉県九十九里町不動堂もまた、
青木昆陽による甘藷試作地のひとつです。

白い砂浜のキレイな九十九里浜から1kmほど内陸に入ったところです。

車ですと東金九十九里有料道路九十九里ICで降りて10分ほど。

電車ですと
JR東金線東金駅から浜辺の方へ5kmほどです。

智恵子抄詩碑

また、ほど近くには
「智恵子抄」詩碑が立っております。

この地は詩人としても彫刻家としても知られた高村光太郎が愛妻智恵子の病気療養によりそった地なのですね。

詩碑につづられているのは

『千鳥と遊ぶ智恵子』

と題した詩を光太郎がペン書きしたものの拡大版となっております。

病気の妻へのいちずな愛ともの悲しさの感じられる素敵な詩です。

徳富蘆花文学碑

また、そこから北寄りにいくらか行きますと、

『不如帰(ほととぎす)』で知られる明治の小説家徳富蘆花の文学碑があります。

蘆花はここで避暑生活を送っていたようです。

「九十九里!そうだ九十九里へ行こう!海。海に限る。大洋へ行こう。力強い波脈九十九里へ!」

と言って奥さんと一緒にやってきたとか。

「上総(かずさ)の九十九里くらい美しい浜はありません」
「全く九十九里は大きい。私にはこの空と洋の抱擁がたまらなく嬉しい。」

伊能忠敬記念公園

さらに北寄りにいくらか行きますと、

「伊能忠敬記念公園」

があります。

こちらはあの伊能忠敬出生の地なんですね。

園内には伊能忠敬が測量をする像も立っております。

きょうのまとめ

千葉県はかつて上総・下総(しもふさ)・安房(あわ)の3か国にまたがる広大な領域です。

3方を海に囲まれた半島。

それでいて大都市江戸・東京にほど近いという特徴的な地勢環境にあります。

① 千葉県幕張には青木昆陽が甘藷栽培の試作地があり、その遺徳をたたえ「昆陽神社」が建っている

② 千葉県幕張は地元の歴史的英雄青木昆陽とコラボしたグルメが盛りだくさん!

③ 千葉県九十九里も青木昆陽による甘藷栽培試作地であるほか、徳富蘆花・高村光太郎・伊能忠敬らとのゆかりが深い

にぎやかさと静けさが腹と背にすぐせまる地。

ほかにも県内各地に散らばる名所を転々というのもオツかもしれませんね。

 

関連記事 >>>> 「青木昆陽とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + 17 =