徳川秀忠の死因とは?実はマッチョで健康体?

 

徳川家康の後継ぎ、2代目将軍徳川秀忠

3代目徳川家光が有名で秀忠は影が薄い印象です。

徳川秀忠はいつ、どのように亡くなったのでしょうか。

今回は徳川秀忠の死因についてお伝えします。

徳川秀忠の健康について

真面目で大人しい性格といわれている徳川2代目将軍、秀忠。

勉強好きであまり活発なイメージはありません。

しかし、発掘調査研究によると、秀忠は筋肉質であったことが判明しています。

また、骨には複数の弾痕が見つかり、最前線での指揮をとっていたことも分かります。

つまり、真面目で大人しい性格だけではなく、ときには力強い武将であったことも判明しているのです。

また、記録としては秀忠の病歴は記載が無く、もともと非常に健康的な人であったとされています。

徳川秀忠の死因について

徳川秀忠は寛永8年(1631)に発病し、翌9年1月24日に死亡、54歳で亡くなったとされています。

父の家康は75歳で亡くなっていますので、それに比べると短い一生ではないでしょうか。

秀忠の死因は、一般的に「 胃がん 」だと言われています。

「 全身に腫れ物が出来た 」という資料が残っており、「 悪性リンパ腫 」の可能性もあります。

実は父の家康も「 胃がん 」だと言われています。

親子同じ病気であった可能性もあり、遺伝・家系という見方もできそうです。

一般的には胃の不調はストレスが原因であることが多く、戦国の世、多くのストレスがあったのではないでしょうか。

ちなみに3代目将軍家光は幼少の頃から病気がちで、死因は脳血管疾患、脳出血だったと言われています。

遺言により質素な葬儀

真面目な秀忠は遺言で質素な葬儀を残しました。

その遺言は

葬儀・法会とも倹約を旨とし、霊牌の他、新しく作るべからず

とあったと言われています。

遺言通り、土井利勝及び近臣10人程度で奉供するのみで、僧侶はひとりも従いませんでした。

葬儀は行わず、密かに増上寺に遺体を移されたようです。

増上寺に葬られた秀忠の棺はヒノキ製の早桶(はやおけ)でした。

早桶: 粗末な棺桶。死者のあったとき、間に合わせに作るところからいう。

初代徳川家康、3代目家光とは異なり、非常に質素な葬儀でした。

きょうのまとめ

徳川秀忠の死因について見てきましたが、いかがでしたでしょうか

徳川秀忠の死因について簡単にまとめると、

① もともとは筋肉質で健康的な人

② 死因は父家康胃と同じ胃がんであった可能性が高い

③ 葬儀は遺言により質素に行われた

と言えるのではないでしょうか。

徳川秀忠については、他にも色々な記事があります。

よろしかったらご覧になってみて下さい。

 

徳川秀忠の【完全版まとめ】記事はこっちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「徳川秀忠とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + 14 =