大友宗麟の家系図はおもしろい!?

 

大友宗麟(おおともそうりん)と言えば

キリシタン大名として有名です。

しかしこの「 宗麟 」とう名前は法名であり、仏門に入った証なのです。

本当の名前は大友義鎮(おおともよししげ)と言います。

ちょっと意外ですよね?

この大友宗麟の家系図を調べると、なかなか面白いことが分かります。

 

大友宗麟の家系図

では早速、大友宗麟の家系図を見ていきましょう。

家系図

 

源頼朝(みなもとのよりとも)のご落胤?

大友家の家系をさかのぼると、

初代当主・大友能直(おおともよしなお)に辿り着きます。

この能直は、源頼朝のご落胤(らくいん)ではないかと言われているのです。

落胤: 身分・地位のある男が正妻でない女にひそかに生ませた子。

能直の母親は、頼朝の妾(めかけ)であり、また養父となった中原親能(なかはらのちかよし)も、

非常に頼朝に信頼されていた鎌倉幕府の重臣でした。

さらに能直自身も、頼朝に重宝されたことから、頼朝のご落胤ではないか?

との説が浮上したと思われます。

全く根拠は無い 」と言われる一方、

江戸幕府が編集した「 寛政重修諸家譜(かんせいちょうしゅうしょかふ)

という大名や旗本の家系集では、大友家の家系は頼朝ご落胤説が採用されています。

真実はどうなのでしょうか?

とても気になるところです。

 

高家として復活

最盛期の宗麟の時代には、

九州六ヶ国を支配下に置く戦国大名となった大友家ですが、

島津義久(しまづよしひさ)に敗北すると、衰退します。

宗麟の息子である大友義統(おおともよしむね)は、

関が原の戦いで西軍に味方しますが、

黒田官兵衛(くろだかんべえ)の軍に敗れて、幽閉されてしまいます。

義統の嫡子であった大友義乗(おおともよしのり)は、早くから徳川家に預けられていたので

罪に問われることはなく、旗本として取り立てられますが、

その子・義親(よしちか)の代で、子供が出来ずに大友家は断絶します。

しかし、名門の大友家を幕府としても断絶させたくなかったため、熊本藩で仕えていた

義乗の異母弟の子ども義孝(よしたか)に大友家の家督を継がせ、高家(こうけ)として存続させます。

高家: 江戸幕府の中で儀式や典礼を司る役職。

名門と言われる家柄しか就くことが出来なかった役職でもあり、大友家の格式の高さが伺えます。

 

現在も続く宗麟の家系

大友宗麟の家系図を見ていくと、現代のある人物に繋がっていることが分かります。

その人物とは、元内閣総理大臣の細川護煕(ほそかわもりひろ)です。

細川護煕氏は熊本藩主だった細川家の18代当主でもあるのです。

宗麟の娘の一人が、清田氏に嫁ぎます。

やがて清田氏の娘は細川忠興(ほそかわただおき)の側室となり、

細川立孝(ほそかわたつたか)を生みます。

細川宗家が途絶えると、立考の子孫が細川家を継ぎ、熊本藩の藩主となります。

そのため熊本藩8代藩主・細川斉茲(ほそかわなりしげ)以降の細川家は、

女系ではありますが、宗麟の子孫ということになります。

細川護煕氏も細川家の当主ですから、当然宗麟の子孫と言うことになります。

きょうのまとめ

大友宗麟の家系図についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

政略結婚が主だった時代です。

女系を辿れば、意外なところで人は繋がっているのですね。

 
[関連記事]

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 2 =