モーツァルトとはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

 

音楽至上、最高の「 天才 」として知られるモーツァルト

ハイドン、べートーベンと並んで、古典派の三大作曲家として数えられています。

全ての曲が秀作といわれるほどで、曲によってはたった数日で作曲したというまさに天才。

幼少時から、作曲したり宮廷音楽家として遣える一方で、世界各国を家族と共に音楽演奏旅行をして回りました。

さて、天才作曲家として知られるモーツアルトの人生はどのようなものだったのでしょうか?

モーツァルトはどんな人?

  • 出身地 オーストリア ザルツブルグ
  • 生年月日 1756年 1月27日
  • 死亡年月日: 1189年4月30日(享年 31歳)
  • オーストリアの作曲家。生涯に600曲以上の作曲をした。

モーツァルト年表

年表

西暦(年齢)

1756年(0歳)ザルツブルグに、音楽家の父親、母親、姉の元に生まれる。

1760年(4歳)父親から正式に音楽を教わる。

1761年(5歳)作曲をはじめる。

1762年(6歳)大司教の宮廷で演奏する。ウィーンに旅行、女帝マリア・テリジアの前で演奏する。

1763~69年(7歳~13歳)演奏旅行に出かける。

1770年(14歳)イタリアのボローニヤ音楽院の史上最年少会員になる。オペラの指揮をする。

1777年(21歳)ザルツブルグの宮廷音楽家の仕事を辞める。9月母親と音楽の旅に出る。

1779年(23歳)失恋体験、ザルツブルグの宮廷音楽家に再びなる。

1781年(25歳)大司教と対立、宮廷音楽家を辞める。

1782年(26歳)ウィーンでオペラ「 後宮からの誘拐」 が初演される。8月、失恋相手の妹と結婚する。

1783年(27歳)ヨーゼフ・ハイドンに出会い、弦楽四重奏曲「ハイドンセット」を作曲し、ハイドンに捧げげる。

1786年(30歳)作曲した「 フィガロの結婚 」がプラハで大人気になる。

1787年(31歳)ベートーベンと出会う。「 アイネ・クライネ・ナハトムジーク 」を作曲する。神聖ローマ帝国ヨーゼフ2歳に任命され、宮廷作曲家になる。

1788年(32歳)5月にウィーンで「 ドン・ジョバンニ 」が上映されるが大失敗。3大行進曲を作曲する。

1791年(35歳)健康が衰えていく。9月オペラ「 魔笛 」が完成しウィーンで上演される。見知らぬ男から「 レクイエム 」の作曲を頼まれるが完成しないまま亡くなる。

モーツァルトの作曲した曲について

モーツァルトが作曲した曲は全ての曲が秀作と言われるほどです。

皆さんが必ず一度は聞いたことのある曲として・・・「 きらきら星 」があります。

当時は恋の歌として、1770年頃のパリで流行していましたが、次第に童謡として世界的に広まりました。

他に「 トルコ行進曲 」「 アイネクライネナハトムジーク 」があります。

また、モーツァルトの曲を聴くと、能力的開発が高くなると聴いたことありませんか?

幼い子供に聴かせるお母さんもいるほど、モーツァルトの曲は人気があります。

彼の音楽を聴くとすべての音に対して開けた耳になることを発見したのは、フランスの音響心理学者、アルフレッド・トマティス博士でした。

モーツァルトにまつわるエピソードや伝説

一見、順風満帆に見えるモーツァルトの人生ですが、果たして実際はどうだったのでしょうか?

仕事を辞めてフリーになったり、失恋も経験しています。

そのような話を聞くと、「 天才 」モーツァルトが急に人間くさく、身近に感じるのではないでしょうか?

以下に見ていきます。

音楽旅行でマリーアントワネットの前で弾く

モーツアルトの才能をいち早く見抜いた父親は、家族を連れて、音楽演奏旅行に出かけます。

その際に出会ったのは、マリーアントワネット。

彼女と同い年である6歳の時、モーツアルトは彼女の前で演奏した経験あります。

モーツァルトの結婚相手は失恋相手の妹

モーツアルトは演奏旅行中に出会ったアロイジアに恋しますが、失恋に終わります。

最終的にアロイジアの妹、コンスタンツェと結婚します。

その後、モーツアルトが亡くなるまで添い遂げました。

雇われ主、大司教に刃向かい、仕事をやめる

宮廷音楽家として働いたモーツアルトですが、支払われる給料の安さに不満を持った彼は、雇い主である大司教に、はむかいます。

その結果、モーツアルトは、宮廷楽団を去る結果になってしまいます。

この当時の音楽家はみんな貴族に雇われて活動していたのですが、貴族から離れてフリー活動したのは、モーツアルトが初めてでした。

モーツァルトを師と仰ごうとしたベートーベン

16歳のベートーベンは

「 君の先生になれる人はモーツァルトだけだ 」

と言われて、やってましたが結局、モーツァルトは「 ドン・ジョバンニ 」の作曲が忙しすぎて一度もベートーベンにレッスンをしてあげられませんでした。

最後はお金がなくて共同墓地に埋められる?

モーツァルトの最後は悲しいものでした。

最後のオペラ「 魔笛 」は沢山の観客に囲まれましたが、その前のウィーンで開催した「 ドン・ジョバンニ 」は失敗に終わりました。

それを機に仕事の注文がなくなってしまったのです。

それからは貧しい生活をしました。

最後は共同墓地に埋められ、どこに彼の墓があるのかわかりません。

きょうのまとめ

天才作曲家と知られるモーツァルト。

モーツァルトとは?

① 音楽旅行でマリーアントワネットの前で弾く⇒実は同い年同士

② 貴族から離れてフリー活動したのは、モーツァルトが初めて

③ モーツァルトを師と仰ごうとしたベートーベン

④ 最後はお金がなくて共同墓地に

でした。

これを機会にモーツァルトの音楽に触れてみられたらいかがでしょうか?










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 1 =