近藤勇の持っていた愛刀は虎徹だったのか?

 

新撰組局長の近藤勇の愛刀が虎徹であったという話は有名ですね。

近藤勇の持っていた愛刀は本物の虎徹だったのでしょうか?

 

近藤勇と虎徹

講談などで演じられる近藤勇が

今宵の虎徹は血に餓えている

というセリフなども作られました。

虎徹は日本刀の中でも第一級のブランドになるものです。

ただ、評価されたのは特に工芸品として部分であり、実戦的な部分が高く評価された日本刀のブランドではないです。

日本史の中で異例ともいえるほど、日本刀が主武器となったのが幕末期です。

それまで刀の価値は実戦力ではなく、工芸品としての価値が重視されていました。

日本の歴史において主武器は槍であり弓であり、日本刀はあくまでも精神的な存在でしかなかったのです。

幕末では街中や家の中での戦闘も多くなり、取り回しの便利な日本刀が主武器として浮上してきます。

そして、近藤勇の虎徹ですが、偽物説も根強いです。

虎徹はそのブランドの高さゆえに、偽物も非常に多い刀でした。

 

名刀虎徹の歴史

虎徹は、江戸時代の刀鍛冶・虎徹興里(こてつおきさと)により作られた日本刀の銘になるものです。

すでに江戸時代は武断政治から文治政治となっていました。

そして、そもそも日本刀と言う存在は「武器」であることより「工芸品」「美術品」であり、より精神的な存在でした。

その点で虎徹は非常に精緻な細工と刃の色合いが独特で人気となります。

そのため、贋作、偽物も非常に多い日本刀になっています。

近藤勇の愛刀だった「長曽祢虎徹(ながそねおきさと)」は、切れ味も最上級の「最上大業物」と言う評価を受けています。

 

近藤勇の虎徹は本物だったのか?

しかし、近藤勇の名刀「虎徹」には偽物ではなかったのかと言う説も根強いです。

新撰組は人気が高く多くの歴史小説にも登場しています。

そのため、いろいろな説が飛び交い、果たして近藤勇の愛刀が虎徹であったかどうかは、決め手がなく偽物説、本物説が並立しています。

近藤勇は虎徹をどうやって入手したか

池田や事件では、近藤勇も斬撃戦を経験しています。

その際に自分の刀は刃こぼれがなかったことから

下拙の刀は虎徹故にや、無事に御座候

と義父宛に書いた書面が残っています。

しかし、一方では当時名工といわれたた源清麿の刀を「虎徹」としてでっちあげた説もあります。

近藤勇にそうした刀を売ったという証言も伝わっています。

この他、将軍から賜ったものであると言う説、本人が江戸で買った説、賊を退治した俺にもらった説、斉藤一が掘り出した説などがあります。

ただ、当時ですら「虎徹」のブランドは非常に高く、近藤勇の立場で所有することができたのかという疑問の声も大きいです。

無名の刀であっても、実戦力の高い日本刀はいくらでもありましたので、切れ味だけで本物であると断ずることもできません。

近藤勇は虎徹を今も残っているか

近藤勇の虎徹は現代には残っていません。少なくとも発見はされていません。

近藤勇の刀が虎徹かどうかは現代から何とも判定できません。

しかし、近藤勇が自分の愛刀を虎徹であると信じていたのは史料から証明できます。

そして工芸品ではなく、実際の武器として彼はそれを振るい、虎徹と信じ命を預けました。

であるならば、近藤勇にとって愛刀は「虎徹」であったといってもいいのではないでしょうか。

近藤勇が所有したものと同じ、長曽祢虎徹作の刀剣は、東京都の両国駅西口徒歩7分「刀剣博物館」で展示、保管されています。

<刀剣博物館>

 

きょうのまとめ

新撰組は人気の高さゆえに、今も多くのフィクションが創作されています。

その中で、近藤勇の愛刀は虎徹であるという「設定」はどんどん強く人々に浸透していきます。

今となっては新しい史料でも発掘されない限り、近藤勇の愛刀が虎徹であったのなかったのかはわかりません。

しかし、幕末を生きた近藤勇にとって、命をかけた愛刀は「虎徹」であり、彼はそう信じていたというのは事実です。

今はそれで十分であるような気がします。

近藤勇と愛刀虎徹について簡単にまとめると

① 近藤勇の愛刀虎徹はブランド品

② 近藤勇の愛刀虎徹が本物か偽物かは不明

③ 近藤勇は愛刀を虎徹と信じ戦っていた

と言えるのではないでしょうか。

近藤勇については、他にも様々な記事があります。

是非ご覧になってみて下さい。

 

近藤勇の年表を含む【完全版まとめ】はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「近藤勇とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

新選組の年表を含む【完全版まとめ】はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「新選組とは?簡単に説明【完全版まとめ】」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen + 18 =