重源とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

 

修学旅行などで、一度くらいは奈良の大仏を見に行ったことがあるでしょう。

大仏のある東大寺はかつて、源平の争乱によって焼失しています。

そこで立ち上がったのが、重源(ちょうげん)という僧でした。

重源とはどんな人物だったのか、今回は彼の生涯を簡単に紹介していきます。

 

重源はどんな人?

プロフィール
  • 出身地: 京都
  • 生年月日: 1121年
  • 死亡年月日: 1206年6月4日(享年 86歳)
  • 入宋経験をもつ浄土宗の僧。焼失した東大寺再建の責任者を務めた。

 

重源 年表

年表

西暦(年齢)

1121年(1歳)京都で生まれる。

1133年(13歳)醍醐寺で出家する。

1167年(47歳)入宋

1168年(48歳)帰国

1180年(60歳)東大寺大仏殿が焼失する。

1181年(61歳)東大寺大勧進職となる。

1182年(62歳)陳和卿に協力を要請する。

1185年(65歳)東大寺大仏開眼供養

1195年(75歳)大仏殿完成

1203年(83歳)東大寺総供養

1206年(86歳)奈良で入滅。

 

重源の生涯簡単まとめ

紀氏出身の重源は、京都で誕生しました。

13歳のとき、真言宗の醍醐寺で出家しています。

3回宋に渡る

その後は高野山など各地で修行を行い、法然のもとでは浄土宗を学びました。

さらに重源は3回、宋(現在の中国)に渡ったことでも知られています。

宋では仏教だけでなく最新の技術や文化も学び、1168年に栄西(坐禅で有名な、臨済宗を日本に伝えた僧)と一緒に帰国しました。

とはいえこの頃の重源は、正直無名の僧だったようです。

東大寺の再建に尽力

そんな重源を一躍有名にしたのは、東大寺の再建です。

東大寺は源平の争乱の際、平家側から焼き討ちに遭っていました(※1)。

※1 東大寺は戦国時代にも、松永久秀によって焼かれています(1567年)。

そこで重源は、東大寺の再建を朝廷に進言。

重源には宋にいた頃、お寺を造った経験がありました。

そこで後白河法皇は、61歳の重源を東大寺大勧進職(かんじんしき)に任命したのです。

 

東大寺大勧進職とは東大寺再建の最高責任者のことで、プロデューサーのような存在。

再建事業に必要な資金や材料の調達、そして技術者の登用などを行いました。

例えば、大仏の鋳造の責任者となった陳和卿(ちんなけい)は宋の技術者です。

入宋経験を持つ重源だからこそ、できた人事といえそうですね。

 

重源は大仏だけでなく大仏殿・戒壇院・南大門(※2)なども再建しています。

※2 大仏様という様式を採用したのも重源とされる。

そして重源83歳の時、東大寺総供養が行われました。

それから3年後、重源は東大寺の浄土堂で亡くなっています(享年86歳)。

 

重源にまつわるエピソードや伝説

それでは、重源にまつわるエピソードについて見ていきましょう。

後白河法皇のイチオシは法然だった?

1180年、平重衡(しげひら)の軍勢に火を点けられた東大寺。

その翌年、再建の話が持ち上がります。

そこで大勧進職に推挙されたのは、重源ではなく法然でした。

後白河法皇から内命まで下ったようですが、法然はこれを固く拒否。

その代わり、法然は重源を推薦したとされています(諸説あり)。

多賀大社が延命長寿で有名になった理由は重源にあり?

多賀大社は滋賀県にある、由緒正しい神社。

さらに重源ゆかりの地としても知られています。

 

重源が大勧進職に任命されたのは60歳を過ぎてから。

当時としては、かなりの高齢でしょう。

そこで重源は多賀大社へとこもって、延命長寿を祈りました。

すると一枚の柏の葉が落ち、見ると虫に食われた部分が「莚(むしろ)」と読めたとか。

これは寿命が二十年延びる、という意味に取れることから、重源は喜びました。

 

その後、見事に東大寺の再建を果たした重源。

それ以来、多賀大社には延命長寿のご利益があると、有名になったそうですよ。

<多賀大社>

 

きょうのまとめ

今回は重源の生涯について、簡単にご紹介しました。

重源とは?

① 重源は宋に渡り、最新の技術・文化を学んで帰って来た

② 東大寺再建の最高責任者として活躍した

③ 多賀大社で延命長寿を願い、見事に東大寺の再建を果たした

こちらのサイトでは他にも、日本の仏教にまつわる記事をわかりやすく書いています。

より理解を深めたい方は、ぜひお読みになってくださいね。

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × one =