黒船来航と日米ギリギリの外交対決!阿部正弘と「日米和親条約」

 

あからさまに傾きつつある幕府統治。

そんなとても苦しい国政運営を実質トップとして任されたのが

阿部正弘

そんな
“瓢箪鯰(ヒョウタンナマズ。鯰を瓢箪でおさえこむようにとらえどころがないたとえ)”
と呼ばれた調整型リーダーの真骨頂が試される時がついにやって来ました!

太平の眠りを覚ます
黒船来航から日米和親条約の締結まで。

 

黒船来航をあらかじめ察知

阿部正弘は黒船がやって来るよりも一年も前からそれが来ることを察知していたようです。

1842年アヘン戦争で清がイギリスに敗北。
1844年オランダ国王による日本への開国要求
1846年アメリカビッドル艦隊浦賀に来航

年々深刻を増す外圧

正弘は

オランダ

を通じてその情報収集にいそしんでおりました。

艦隊の規模や性能もおおよそ把握していたようです。

そして、
1853年下田沖に現れた蒸気船は4隻。

 

アメリカのねらい

アメリカのねらいは主に2つです。

1つが捕鯨寄港地の確保です。

当時欧米において、
捕鯨は一大産業です。

特に鯨油。

そして、ねらいのもう1つが、

アヘン戦争で負け、各列強に蚕食されつつある大国
中国

です。

アメリカはその中継および燃料食料などの補給地として日本にロックオンしてしまったのです。

 

アメリカ的黒船外交

ただでさえ目立つアメリカの黒船艦隊

しかも、
唯一の開港地である長崎どころか
徳川首府へのこんな江戸湾表に。

正弘はすでにとてもまともに抗戦のできるような相手ではないことを知りぬいておりました。

そこにいっぱい搭載された大砲でドンドンやられると江戸は火の海です。

しかも何を勝手に!
浦賀から数隻の測量船がフリゲート艦ミシシッピに護衛され、
江戸へと北上しているではないですか!

ちなみにこの時、
黒船のペリー提督はアメリカ大統領から
自衛以外の戦闘行為を
禁止されておりました。

このギリギリ交渉術は今のどこかの国の大統領とどちらが上手(うわて)でしょうか?

結局、
久里浜で国書の受け渡しだけを済ませ、

「1年後にまた来るよ」

と、念を押してアメリカ艦隊は海の彼方へと帰っていきました。

 

かぎられた時間の中で

さあ、エライことになりました。

ここで阿部正弘
まず早速、オランダから蒸気船を買い入れることを決定いたします。

高くつきますが、もはや背に腹は代えられないといったところでしょうか。

そしてさらに
思い切った策に打って出ます。

なんと親藩・外様大名や朝廷から広く意見を求めたんです。

それまで、幕政は譜代大名などのごく限られた人たちで合議決定されておりました。

もうこれは
徳川幕府を開いた家康様の言いつけにもそむくことです。

あの”島津”斉彬(しまづなりあきら)をも重用するのですぞ!

それでいてちょうど将軍が亡くなった後で、

「代替わりで今大変だから」

とオランダを介して、アメリカ側にさりげない時間稼ぎも忘れませんでした。

まあでも、
またやってきたのはあれからたった半年なのですが(一応、大晦日をまたいではおりますが)。

 

調印”日米和親条約”

結局、
あれやこれや意見を募ったのですがまとまらず、

条約に調印することとなってしまったのですが、

後に結ばれた
”日米修好通商条約”
に比べると不平等条項はまだだいぶ手ぬるいです。

もちろん
開国しなければならないのは断腸だったでしょうが。

気になるのは
「片務的最恵国待遇」
ぐらい?

この
最恵国待遇
とは
たとえば
A国がB国とその条約を結んでいたとします。

すると、
A国はB国に対するリンゴの関税は10%。
でも、A国のたくさんある公益相手国の中で関税が一番安いのがC国の3%。

すると、B国は
「うちは10%なのに、じゃあ3%に負けなくちゃね。絶対」
ということです。

また、
“片務的”
ということは
アメリカだけOKで、
日本はダメ、
ということです。

ちなみに
今回の条約締結において
幕府の悲願だった
“通商拒否”
はきっちりとつらぬきとおすことができました。

 

きょうのまとめ

この危機をきっかけに、
阿部正弘はいよいよ国内の改革へと邁進(まいしん)してゆきます。

身分を問わない積極的な人材登用
洋式軍隊の整備
など。

しかし一方で、
国家の屈辱
幕府の弱腰
とみなした論調が一部で高まり、

さらには
外様大名から
長州
薩摩
といった後に幕府をおびやかす勢力の台頭を許すことにもつながってしまいます。

① 幕府は黒船来航の一年前にはその兆候を察知していた

② 阿部正弘は黒船来航の国難にあってそれまで禁止されていた親藩・外様大名や朝廷からも広く意見を募った

③ 幕府は結局”日米和親条約”を飲むことになるが、ある程度穏便なもので済んだ

あらら、
正弘さん。
これは体調やらいろいろと心配ですね……。

 

関連記事 >>>> 「国難のバランサー阿部正弘にささやかれる様々な死因」

さらに、阿部正弘の【完全版まとめ】記事はこちら。
関連記事 >>>> 「阿部正弘はどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − seven =