2人の天下人の血を引いた徳川家光の家系図

 

世は生まれながらの将軍である 」というセリフで有名な将軍といえば、

3代将軍徳川家光(とくがわいえみつ)ですね。

祖父・徳川家康、父・徳川秀忠(とくがわひでただ)も戦をしていた世代です。

戦を知らない世代の将軍、生まれた時から将軍になることが決まっていた

そんなはじめての将軍が家光です。

家光は「 生まれながらの将軍 」であるだけでなく、2人の天下人の血を引いています。

そんな家光の華麗なる家系図を見ていきましょう。

徳川家光の家系図とは?

徳川家光の家系図を紐解いていきましょう。

徳川家康

江戸幕府の初代将軍徳川家康です。

最終的に天下人となり、260年余り続く江戸幕府の礎を作った人物です。

言わずもがな、家光の祖父にあたります。

家光は天下人・徳川家康の血を受け継いでいるわけですね。

家光は2代将軍・秀忠の嫡男だと思っている方が多いかもしれませんが、

家光は秀忠の次男なのです。

家光より先に長丸という男児が誕生していましたが、早世してしまったため嫡男として扱われ、家康と同じ幼名である竹千代を送られます。

260年続く江戸幕府ですが、将軍の正室が産んだ将軍は家光ただ一人です。

現代で言えば、まさにロイヤルプリンスですね。

織田信長

家光が受け継ぐもう一人の天下人の血が織田信長です。

織田信長は明智光秀によって本能寺で討たれますが、天下を掌握する直前、ほぼ天下を治めていたと言っても過言ではありません。

家光の母・(ごう)は、織田信長の妹・お市の娘です。

信長とお市は同母腹の兄妹だと言われています。

母である江を通して、織田信長の血をも引いているのです。

家康と信長、2人の血を引いているなんて聞いただけで最強な気がします。

家光の乳母として有名な春日局(かすがのつぼね)は、

明智光秀の家臣であった斉藤利三(さいとうとしみつ)の娘です。

まわりまわって、元々の主家である織田家の姫の血を受け継ぐ家光に仕えた

考えると不思議な気持ちになりますね。

浅井長政

お市と浅井長政の間に生まれたのが、家光の母である江です。

浅井長政は家光の祖父に当たる人物です。

長政は天下人ではありませんが、美男子であったとされています。

戦上手で人柄も良く、信長も長政を気に入ってお市を嫁がせたと言われます。

お市とも大変夫婦仲が良く、織田家との同盟が破綻(はたん)しても離縁せずに暮らしました。

戦国の世では、妻の実家との関係が悪くなると、妻は実家に帰すのが慣例でしたから、2人は本当に想い合っていたのでしょうね。

信義を重んじる性格であったため、朝倉家と織田家に挟まれ、苦しい決断を迫られることになりますが、長政の実直さは家光にも受け継がれているのではないでしょうか。

きょうのまとめ

徳川家光の家系図についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

家康だけでなく信長の血まで受け継いでいるとは驚きでしたね。

2人の天下人の血を引いた家光は、まさに

「 生まれながらに将軍にふさわしい器 」

を持った将軍ではないでしょうか。

 

関連記事 >>>> 「徳川家光とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + 19 =