那須与一とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

 

平安時代末期、源平合戦において源氏側の兵として従軍し、源氏の勝利に大きく貢献した

那須与一なすのよいち

弓の名手として、船上の扇の的を射落とした逸話には心躍らされます。

…というより、「扇の的の話しか知らない」という人も多いのではないでしょうか。

実のところ、その存在は『平家物語』『源平盛衰記』といった限られた書物にしか記されておらず、「実在したかどうかわからない」といわれている人なんですよね。

うーん…謎の人物となれば、余計にどんな人か知りたくなる!

今回は那須与一の生涯を、数少ない逸話から辿っていくこととしましょう!

 

那須与一はどんな人?

プロフィール
那須与一

那須与一
出典:Wikipedia

  • 出身地:下野国しもつけのくに那須郡(現・栃木県那須郡那珂川町なかがわまち
  • 生年月日:1169年
  • 死亡年月日:1189年9月19日(享年20歳)
  • 源平合戦において源氏側に勝機をもたらした弓の名手。船上の扇を射落とした「扇の的伝説」をもつ。

 

那須与一 年表

年表

西暦(年齢)

1169年(1歳)下野国那須郡(栃木県那須郡那珂川町)の神田城にて、那須資隆すけたかの十一男として生まれる。

1180年(11歳)那須岳(茶臼岳)にて弓の稽古中、那須温泉神社に必勝祈願をしにきた源義経よしつねと出会う。

1185年(16歳)源平合戦の「屋島の戦い」「壇ノ浦の戦い」に源氏側の兵として従軍。その活躍から源頼朝よりともより5ヵ国に荘園(私有地)を賜る。

1185~1188年(16~19歳)那須家の当主になると、平氏側に味方して罪に問われていた兄たちを許し、領土を分け与える。

1189年?(20歳)山城国やましろのくに(京都府)の即成院そくじょういんにて死没。

 

那須与一の生涯

那須与一は1166~1169年のいずれかのあいだに、那須家初代当主・那須資隆の十一男として生まれました。

本名は宗隆むねたかといい、与一というのは十一男という意味の通称。

下野国那須郡(栃木県那須郡那珂川町)にあった神田城にて、育ったとされています。

幼いころから弓の腕前は隋一だった

与一は史上でも稀な弓の名手として語られますが、その才能は幼いころからすでに片鱗を見せていました。

幼少時代に兄たちの前でその腕前を披露し、父を驚かせたという伝説が残っています。

幼少からといわれると生まれつきセンスがあったように感じさせられますが、それ以上に与一は相当な努力家でした。

なんでも、弓を練習しすぎて左右の腕の長さが違っていたのだとか…。

また11歳のころには、のちに源平合戦で仕えることになる源義経とも出会っています。

このとき父の資隆が、兄の十郎為隆じゅうろうためたかと与一を源氏の兵として従軍させることを義経と約束したとのこと。

与一はこのときも弓の練習中だったということで、たまたま通りかかった義経が彼の腕を見込んだのかもしれません。

11歳の子どもが戦力になると判断されるとは…末恐ろしいですね。

源平合戦に従軍し「屋島の戦い」「壇ノ浦の戦い」で活躍

1185年になると、父が義経と交わした約束通り、与一と兄の為隆は源氏の兵として「屋島の戦い」「壇ノ浦の戦い」に参加します。

ここで登場するのが、与一の逸話でも特に有名な「扇の的伝説」です。

屋島の戦いにて源氏側に意表を突かれ、海上へ敗走した平家は「負けを認めたくない」という考えから、船上に扇を掲げて源氏側に射貫かせる余興を行いました。

要は挑発なのですが、これを射損じてしまえば、源氏の軍を率いていた源義経の立場がありません。

そのおり、弓の名手として与一に声がかかり、彼は70メートルも先の波間に揺れる小さな扇を見事射落としてみせたのです。

これにより源氏は勝機をつかみ、続く壇ノ浦の戦いで平家を追い詰め、勝利をものにします。

この活躍によって与一は源家当主の頼朝から、5ヵ国に荘園(私有地)を賜り、那須家の地位を一気に台頭させたのです。

幼少より積んで来た弓の訓練が、このときすべて報われたわけですね!

実は兄のほうが弓は巧かった?

幼少期の逸話や扇の的伝説を見ると、与一は那須家でも特別弓が巧かったように思えます。

しかし「実は兄の為隆のほうが、弓が巧かったのでは?」という推測があります。

というのも、屋島の戦いで扇の的が掲げられたおり、最初は与一ではなく、為隆に声がかかっていたという話があるからです。

このとき為隆は自分が怪我をしていることを理由に、弟の与一を指名したといいます。

考えてみれば兄弟でこの2人だけが源氏の兵として従軍したわけです。

為隆と与一は弓の腕が特に優れている2人として、兄弟でも取り沙汰されたのでしょう。

そう思うと兄から先に声がかかるのも道理で、兄のほうが巧かったというより、実力は甲乙つけがたかった…とも考えられます。

那須家の家督を相続・罪に問われていた兄たちに領土を分け与える

源平合戦を経て源頼朝に引き立てられた与一は、十一男でありながらも父の資隆から家督を継ぎ、那須家の2代目当主となりました。

これは戦での活躍ももちろんありますが、残りの兄たちが全員平家側の味方をして、罪に問われてしまったからだといいます。

ちなみにともに源氏の兵として従軍した為隆も、義経の命に背いたため罪に問われてしまったのだとか。

どうして兄弟間で意見が割れてしまったのかははっきりしませんが、兄たちは才能をもつ与一に嫉妬していたのでは…など、なんとなく想像できますね。

そして与一が弓の腕だけではない、人格者だったことを示すエピソードがここから。

当主になって那須家の領土を受け継ぐと、与一は罪に問われていた兄たちを助け、それぞれに分け与えたというのです。

この行いで那須家はさらに繁栄し、後世へと続いていくことになります。

まじめな努力家で、兄想い

権力にも奢らなかったその性質が那須氏の基礎を作ったわけです。

死後各地に作られた与一の墓

善人ほど早く亡くなってしまうということなのか、与一の生涯は約20年と、非常に短いものでした。

あまり記録が残っていないのは、早死にだったことも関係しているのではないでしょうか。

亡くなったのは山城国(京都府)の即成院とされています。

兄のひとり、資之すけゆきが分骨を別に埋葬したといい、代々受け継がれていった現在は栃木県大田原市の玄性寺げんしょうじが本墓とされています。

安土桃山時代に22代目当主の那須資景すけかげが建立したものということで、ほぼ間違えありません。

実はこのほかに兵庫県神戸市の碧雲寺宗照院へきうんじしゅうしょういんにも、与一の墓はあります。

墓ではありませんが、

・神戸市の須磨神社

・山形県米沢市の西蓮寺

・岡山県井原市の永祥寺

など、与一を祀った寺や神社は全国各地に点在しています。

分骨を埋葬したのは資之だけではなく、供養はさまざまな場所で行われていたということですね。

それだけ多くの人に慕われていたのでしょう。

 

きょうのまとめ

弓の名手として源平合戦で活躍し、超人的な伝説を残している那須与一。

その生涯を辿ると同時に、人格者である彼の人物像も見えてきました。

伝説として長く語り継がれている人は、然るべき器をもっているものなのでしょうね。

最後に今回のまとめです。

① 那須与一は幼いころから弓の訓練に励み、兄弟で隋一の実力を誇っていた

② 源氏の兵として源平合戦に従軍すると武功を挙げ、那須氏の地位を一気に台頭させた

③ 那須家当主になると、罪に問われていた兄たちを助け、受け継いだ領土を兄弟で分け合った

常日頃から入念に準備をしていれば、チャンスを掴めるときが必ずやってくる。

与一の生き様にそんな言葉が浮かんできます。

 

関連記事 >>>> 「現代まで続く那須与一の子孫|千年近い歴史をもつ由緒ある一族」

関連記事 >>>> 「那須与一の奇跡|平家物語で語られる「屋島の戦い」扇の的とは」

 

その他の人物はこちら

平安時代に活躍した歴史上の人物

関連記事 >>>> 「【平安時代】に活躍したその他の歴史上の人物はこちらをどうぞ。」

時代別 歴史上の人物

関連記事 >>>> 「【時代別】歴史上の人物はこちらをどうぞ。」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

twenty − 20 =