リンカーン大統領の名言で自分自身を高めよう!

 

アメリカ合衆国の第16代大統領を務めたエイブラハム・リンカーン

奴隷制度の廃止に向けて尽力し、高いリーダーシップを発揮した彼は、偉大な政治家として現在でも多くの人々に称賛されています。

そんなリンカーン大統領は、一体どんな言葉を遺しているのでしょうか。

今回は、彼の名言を一緒に見ていきましょう。

 

リンカーンの名言 行動について

リンカーン

エイブラハム・リンカーン
出典:Wikipedia

ここではあなたの背中を一押しするような、リンカーンの名言たちをご紹介していきます。

待つか動くか

リンカーン
待っているだけの人たちにも何かが起こるかもしれないが、それは努力した人たちの残り物だけである。

あなたは残り物で満足できる人でしょうか。

もしそれでは嫌だと思うのなら、待っているのではなく何かしらの行動を起こしましょう。

努力が必ず報われるとは言い切れませんが、何かしらの気づきや自分自身の成長を感じられるはずです。

準備は大切

リンカーン
準備しておこう。チャンスはいつか訪れるものだ。

待っているだけの人たちにも、チャンスが訪れる時があります。

しかし、普段から努力している人たちに比べると、突然の出来事に反応が遅れてしまう可能性があります。

待つことに慣れ過ぎて感覚が鈍ってしまわないよう、準備だけは整えておきましょう。

決断してからでも遅くない

リンカーン
そのことはできる、それをやる、と決断せよ。

それからその方法を見つけるのだ。

何かをやってみたい、と思った時。

それが自分にとって未知の分野の場合、余程の熱意がない限りはできない理由を探して諦めてしまいがちです。

しかし、そんな時こそリンカーンのこの名言を思い出してみて下さい。

人は逃げ場を失くしてしまえば目の前のことをやるしかなくなります。

そして大抵のことはなんとかしてしまえるものなのです。

まずはやるのかやらないのか、決断してしまいましょう。

方法はそれから探すのでも遅くありません。

やはり準備は大切

リンカーン
もし、木を切り倒すのに6時間与えられたら、私は最初の4時間を斧を研ぐのに費やすだろう。

いざ決断し、目標が定まり、方法も把握したら。

確実に成功させるために、入念な準備をするのがリンカーン流です。

早く成果を出したくてやみくもに動き回るより、最短で辿り着けるようにするのです。

時間の使い方を考えさせてくれる名言と言えます。

どんなに遅くとも

リンカーン
私の歩みは遅いが、歩んだ道を引き返すことはない。

物事には順序があります。

全てがとんとん拍子に進むとは限りません。

なかなか上手くいかなくて挫折してしまいそうになった時、この名言を思い出してください。

偉人となったリンカーンでさえ、全てが上手くいったわけではないのです。

しかし彼は、諦めることはありませんでした。

あなたはどうしますか。

一度に一日

リンカーン
未来の一番いいところは、一度に一日しかやってこないことだ。

結果が欲しくてつい焦ってしまう方に覚えていてほしいのがこの名言。

漠然とした未来というのは、結局のところ一日一日の積み重ねの先にあるものです。

夢見る未来を実現させるために、今目の前にある一日を大切にしましょう。

一度に一日しかやってこないのだから、焦る必要はないのです。

 

リンカーンの名言 自己と他者

ここでは、人と関わるうえで覚えておきたいリンカーンの名言をご紹介します。

喧嘩の種

リンカーン
自己の向上を心掛けている者は、喧嘩などする暇がないはずだ。

おまけに、喧嘩の結果、不機嫌になったり自制心を失ったりすることを思えば、いよいよ喧嘩はできなくなる。

些細なことでよく喧嘩をしてしまう。

それは、周囲に対してではなく、自分自身に不満を抱えている証拠かもしれません。

人は心にゆとりがないと、どうしても怒りっぽくなってしまいます。

つい感情を外にぶつけてしまっていたな、と思う方は、自分の内側に意識を向けてみて下さい。

余裕がないときこそ、自分自身を労わる方法を見つけ、自身の成長に繋げていきましょう。

木と影

リンカーン
人格は木のようなものであり評判はその影のようなものである。

影とは、我々が人の性格をどう思うかということであり、木こそが本物である。

影は曖昧で濃さも形も変化しやすく、それ故に気になるものです。

しかし何よりも大切なのは、木そのもの。

その人の人格そのものなのです。

後ろに伸びる影に惑わされることなく、木を充実させること。

周囲を見るときは、影ではなく木をよく観察すること。

リンカーンは、本質を見極めることの大切さを教えてくれています。

真の優しさ

リンカーン
自分でできることやすべきことをその人の代わりにしてあげても本当の助けにはならない。

本当の優しさとは何か。

この名言で、ハッとした人もいるかもしれません。

相手のために何でもかんでもしてあげることではない。

その人のことを大切に思うのなら、本当の意味でその人のためになることは何か。

この名言に出会ったことを機に、今一度考えてみましょう。

 

きょうのまとめ

今回は、リンカーン大統領が遺した名言をご紹介しました。

何か心に響くものはありましたか。

今回の内容を簡単にまとめると

① リンカーンが遺した名言には、自分自身を高めるようなものが多くある。

② 何か行動を起こす上でのアドバイスになるような名言も多い。

③ 人と関わる中で覚えておくと役立つ名言がある。

リンカーンが遺した名言は他にもまだたくさんあります。

ご興味を持たれた方は、是非調べてみて下さい。

目次に戻る ▶▶

 

エイブラハム・リンカーンの年表を含む【完全版まとめ】記事はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「リンカーンとはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

 

その他の世界の偉人ははこちらから

関連記事 >>>> 「世界の偉人一覧」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

12 + 6 =