光明皇后がつくった悲田院・施薬院って?法華寺に残る浴室(からふろ)

 

皇后というと、優雅な暮らしをしていたのではないかと思いますよね。

ですが奈良時代の光明皇后は、庶民たちの暮らしを良くしようと行動した人でした。

今回は、光明皇后がつくった悲田院施薬院について紹介します。

 

仏教に帰依していた光明皇后

光明皇后は聖武天皇の妃。

聖武天皇といえば仏教の力で国を安定させようとし、

国分寺建立の詔や大仏建立の詔を出した人物として有名ですよね。

妃である光明皇后も聖武天皇と同様、仏教に篤く帰依(きえ)していました。

 

そんな光明皇后が皇太子妃時代から取り組んでいたのが、病人や孤児たちの救済といった社会事業です。

これは仏教の慈悲の思想に基づくもので、730年には皇后宮職(※1)に

悲田院(ひでんいん)と施薬院(せやくいん)を設けています。

※1 こうごうぐうしき。皇后の日常生活を支えるために設置された役所のこと。

 

悲田院・施薬院とは

それでは悲田院と施薬院とは、それぞれ一体どのようなものだったのでしょうか。

悲田院とは?

悲田院とは、貧しい人や孤児を収容・救済するための施設です。

「悲田」とは仏教思想において、慈悲の心で貧者などに施せば、

福徳を生み出す田となる、という意味だそうです。

光明皇后が設置する前にも、聖徳太子が四天王寺につくっていたと伝わります(※2)。

ですが723年、興福寺(※3)に施薬院とともに置かれたのが最初とされています。

※2 悲田院・施薬院・療病院・敬田院の4つをつくったという伝説がありますが、定かではありません。
※3 藤原氏の氏寺のこと。光明皇后も藤原氏出身です。

施薬院とは?

これに対して施薬院とは貧しい病人に対して

施薬・治療を行うための施設です。

光明皇后は私財を投じて諸国の薬草を集め、病人に施したといわれています。

そして、家では保養ができない人を悲田院に収容したのだそうです。

法華寺の浴室(からふろ)

さらに光明皇后は病人のために、法華寺(現在の奈良市)というお寺をつくっています。

法華寺では浴室(からふろ)と呼ばれるお風呂(今でいうところの蒸し風呂)がつくられ、

光明皇后は千人の垢を流したといわれています。

法華寺には今でも浴室があり、施浴体験が行われています。

 

さて、悲田院と施薬院は、光明皇后の代だけで終わりませんでした。

光明皇后の娘・孝謙天皇も、経済的な援助を行っています。

さらにのちに遷都した平安京にも設置され、室町時代ごろまで続いたといわれています。

 

きょうのまとめ

今回は光明皇后がつくった悲田院と施薬院について、簡単に紹介しました。

① 悲田院・施薬院は仏教の思想によって設置された

② 悲田院は貧しい人や孤児の収容施設のことである

③ 施薬院は貧しい病人に施薬・治療をする施設のことである

④ 法華寺にお風呂がつくられ、光明皇后は千人の垢を流した

こちらのサイトでは他にも、光明皇后にまつわる記事をわかりやすく書いています。

より理解を深めたい方は、ぜひお読みになってくださいね。

 

光明皇后の【完全版まとめ】はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「光明皇后とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + 4 =