アメリカを動かしたキング牧師の希望に満ちた名言(英語)4選

 

キング牧師は、演説や教会の説教の場などさまざまなところで、

名言と呼ばれる言葉を残しています。

多くの人を感動させた名言たちは、今でも人々を勇気づけアメリカ社会を牽引しているといえるでしょう。

彼が残した最大の名言は、ワシントン大行進の演説での

「I Have a Dream (私には夢がある)」です。

今回は、キング牧師の数々ある名言の中から、

明日への希望を持てる名言を4つ厳選してご紹介したいと思います。

ワシントン大行進の演説

1963年8月28日に行われたワシントン大行進での演説の中から、2つの名言をご紹介したいと思います。

I Have a Dream

I Have a Dream

(私には夢がある)

リンカーン大統領像の前で、奴隷解放運動について語っていた牧師が、突然即興で話し始めたという説が残っています。

その第一声といわれているのが、世界中で有名な言葉「 I Have a Dream 」です。

続く演説の中で、彼は人々の心の中に響かせるように、「 I Have a Dream 」と何度もこの言葉を組み込みました。

人種差別撲滅を求めて戦っていた人々の心には、強く突き刺さったことでしょう。

この演説のエンディングは、

Free at last, free at last. Great God almighty, I’m free at last!

(私はついに自由になったのだ。とうとう自由になった。全能の神よ感謝します。私はとうとう自由になった!)

という、黒人霊歌の一説でもある、この言葉で締めくくられました。

Even though we face the difficulties

Even though we face the difficulties of today and tomorrow, I still have a dream.

(私たちには今日も明日も困難が待ち受けている。それでも私には夢がある)

この言葉も先ほどと同じく、リンカーン記念堂の前で行われたワシントン大行進の演説の中で語られた言葉です。

日々大きな壁が立ちはだかっている、けれども私たちにはそれ以上に大切な夢があるという前向きな言葉です。

キング牧師だけの夢ではなく、公民権法案成立を心から願う人々の夢も含まれているのです。

I say to you today, my friends, though , even though we face the difficulties of today and tomorrow, I still have a dream. It is the dream deeply rooted in the American dream”

(友よ。我々は、今日と将来の困難に直面しているにもかかわらず、私にはまだ夢があります。それはアメリカ・ドリームに深く根ざした夢です。)

はじめに「 友よ 」と呼び掛けており、私の夢は、みんなの夢「 アメリカン・ドリーム 」に通ずると、訴えたのです。

even though~stillを使い、文章に重要性を持たせているのにも、彼の強い思いを感じられる一文といえるでしょう。

暗殺前日のスピーチ

1968年4月3日に遊説活動中のテネシー州メンフィスで、キング牧師の暗殺前日に行われた、「I’ve Been to the Mountaintop(私は山頂に達した)」と語ったスピーチの中からも、名言を2つご紹介したいと思います。

Those who are not looking for happiness

Those who are not looking for happiness are the most likely to find it, because those who are searching forget that the surest way to be happy is to seek happiness for others.

(幸せを探そうとしない人は、もっとも確実に幸せを見つけるようです。

なぜなら、幸せを探す人は、幸せになるもっとも確実な方法を忘れているからです。

それは、他人の幸せを探すということです。)

他人の幸せをねたまず、自分の幸せを信じていれば、きっと幸せはやってきてくれるということでしょうか。

未来へ向けての生き方の指針を与えてくれる名言ですね。

And so I’m happy, tonight.

And so I’m happy, tonight.I’m not worried about anything.I’m not fearing any man!Mine eyes have seen the glory of the coming of the Lord!!

(だから、今夜、私は幸せです。私は何も心配することはなく、誰をも恐れてはいないのです。私は、神の再臨の栄光をみたのです。)

これは、暗殺前日のスピーチでの締めくくりに発した言葉です。

前向きな言葉ですが、観衆たちはスピーチ全体を通して「 キング牧師は、暗殺されることを予感していたのでは…? 」と思ったそうです。

その他の希望に満ちた名言

説教者キングと呼ばれるキング牧師は、他にも多くの名言を残しています。

4選+αでいくつか簡単にご紹介しましょう。

The time is always right to do what is right.

(正しいことをするべき最高のタイミングは、いつでも「 今 」だ。)

We must accept finite disappointment, but never lose infinite hope.

(絶望する時間は有限だ、無限の希望を見失うな。)

Always make the room where a dream is put back in mind.

(心の中に夢をしまっておくスペースを、空けておきなさい。)

Take the first step in faith.You don’t have to see the whole staircase, just take the first step.

(疑わずに最初の一段を登りなさい。階段のすべてが見えなくてもいい。とにかく最初の一歩を踏み出すのです。)

きょうのまとめ

キング牧師の名言は、いかがでしたでしょうか?

「 説教者キング 」といわれるだけあり、ここでご紹介した名言はほんの一部です。

凶弾に倒れてしまいましたが、才覚の持ち主だった彼の言葉には、愛があり勇気をもらえる気がします。

彼が命を懸けて残した、名言に触れて希望に満ちた毎日を・・・。

 

こちらのサイトでは他にも、キング牧師に関する記事をわかりやすく書いています。

ご興味のある方は、ぜひご覧になってください。










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 + sixteen =