春日局の父親は誰?どんな人?

 

春日局は知っていますよね?

ドラマでも有名ですし、3代将軍徳川家光を育てた女傑(じょけつ)として知名度も抜群です。

しかし、生まれや両親のことになると、

さっぱり分からないという人がほとんどではないでしょうか。

今回は、春日局の父親にスポットを当ててみようと思います。

春日局の父親は誰で、どんな人物なのでしょうか。

春日局の父親とは?

春日局の父親について調べてみました。

明智光秀の重臣

春日局の父親は斎藤利三(さいとうとしみつ)という武将です。

室町幕府の官職のひとつである、奉公衆の出身でした。

京に上がると、三好長慶(みよしながよし)に仕えます。

次に斎藤道三の長男である、斎藤義龍(さいとうよしたつ)に仕えます。

その次に仕えたのが、稲葉一鉄です。

稲葉氏の家臣になった利三は、美濃国(現在の岐阜県)の曽根城の城主となります。

しかし、この稲葉一鉄も利三も非常に頑固だったため、二人は喧嘩別れしてしまい、明智光秀に仕えるようになったと言われています。

優秀な武将だった利三はすぐに光秀に重用されるようになり、筆頭家老にまで登り詰めます。

1万石を与えられ、兵庫県丹波市の黒井城の城主となります。

春日局はここで生まれ、城主の娘として不自由ない生活を送りました。

本能寺の変を起こした影の人物?

城主の娘として育った春日局ですが、ある事件が起こります。

日本史最大のミステリーとも言われる、本能寺の変です。

明智光秀が主君・織田信長を本能寺で討ったのです。

しかし「 三日天下 」と称されるほど、光秀の天下は続きませんでした。

中国から引き返してきた羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)との戦いで敗れ、光秀は追われる立場になってしまいます。

斎藤利三も山崎の戦いで敗走し、捕縛されます。

光秀も捕縛され、二人は六条河原で斬首されます。

利三の首は光秀とともに、本能寺に晒されたと言われています。

利三は享年49歳で、春日局は4歳でした。

最後が敬愛する主君・光秀と一緒だったことで、少しは心が休まったのでしょうか。

信長との関係

春日局の父、斎藤利三は織田信長とも深い関係にあったといいます。

春日局を生んだ母は、利三の後妻ですが、先妻は斎藤道三の娘と言われています。

斎藤道三の娘ならば、織田信長の正妻である濃姫と姉妹と言うことになります。

つまり、織田信長とは義理の兄弟ということになります。

また利三の母親は光秀の妹とも姉とも言われています。

こうなると、信長と光秀そして利三の関係はなんだか複雑です。

きょうのまとめ

春日局の父親の斎藤利三についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

あまり知られてはいませんが、歴史上の重要人物と深い係わりのある人物です。

稲葉一鉄の元を去って明智光秀に仕えた利三ですが、

一鉄は利三を返して欲しいと、主君・信長に懇願します。

信長は、光秀に利三を返すように命じますが、

光秀は

「 有能な家臣を得ることは、信長様のためだ 」と、

これを拒否します。

これに立腹した信長は光秀に折檻をしたと言います。

連れ戻したくなるほど有能な人物だったということでしょうね。

さらに言うと、斎藤利三の妹は長宗我部元親の正妻になっています。

知名度がないのが不思議なくらいですね。

[関連記事]









合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + 6 =