岩崎弥太郎とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

 

三菱財閥の創始者として有名な岩崎弥太郎

彼が巨万の富を築いたことは、なんとなくイメージできますよね。

ですが岩崎弥太郎とはどんな人物だったのか、詳しくご存じでない方も多いはず。

そこで今回は、岩崎弥太郎の生涯とエピソードについて、簡単にご紹介していきます。

 

岩崎弥太郎はどんな人?

  • 出身地: 土佐国安芸郡(現在の高知県安芸市)
  • 生年月日: 1835年1月9日
  • 死亡年月日: 1885年2月7日(享年 51歳)
  • 土佐の貧しい家に生まれるも学問にはげみ、藩内で出世。後に三菱財閥を作った実業家。

 

岩崎弥太郎 年表

年表

西暦(年齢)

1835年(1歳)土佐藩の地下浪人・岩崎彌次郎の長男として生まれる。

1854年(20歳)江戸へ遊学する。

1858年(24歳)吉田東洋の塾に入る。

1867年(33歳)開成館長崎出張所の主任となる。

1869年(35歳)開成館大阪出張所へ異動する。

1871年(37歳)九十九商会の経営を引き受ける。

1872年(38歳)九十九商会を三川商会に改称する。

1873年(39歳)三川商会を三菱商会に改称する。

1877年(43歳)西南戦争の軍事輸送を行う。

1885年(51歳)胃がんのため亡くなる。

 

地下浪人から大出世した実業家・岩崎弥太郎

三菱財閥の創設者・岩崎弥太郎は、土佐藩(現在の高知県)の地下(じげ)浪人の子として誕生しました。

地下浪人とは土佐藩特有の身分で、武士としては最低ランクです。

そのため幼い頃の岩崎弥太郎は、とにかく貧しい暮らしをしていました。

江戸への遊学

ですが二十歳の時、奥宮慥斎(おくのみや・ぞうさい)という人物のお供として、

江戸へ遊学するというチャンスを得ます。

弥太郎の家は貧しかったものの、学問をする環境には恵まれていたのです。

江戸へ出た弥太郎は、見山塾(※)に入って非常に熱心に勉強していました。

※見山塾とは、安積艮斎(あさか・ごんさい)という学者の私塾です。

しかし江戸での生活も一年余りを過ぎた頃、母から父親の彌次郎(やじろう)が重傷を負ったとの知らせが届きます。

それを受け、弥太郎は故郷の土佐へと帰国することになりました。

この時、父・彌次郎が巻き込まれたトラブルについては、後ほど詳しく紹介しますね。

土佐藩の役人となる

その後、弥太郎は吉田東洋(とうよう)という土佐藩士の私塾・少林塾に学びます。

この時、東洋に目をかけられ、弥太郎は土佐藩の役人となりました。

やがて東洋の甥である後藤象二郎(しょうじろう)が、藩の要職に就きます。

そして岩崎弥太郎は、開成館長崎商会という土佐藩の商組織の主任に任じられました。

そこで弥太郎は、グラバー(※)など外国人商人との取引などを経験をします。

坂本龍馬率いる海援隊の経理を担当していたのも、この頃です。

また明治に入ったばかりの頃、岩崎弥太郎は開成館大阪出張所の責任者も務めています。

※グラバーは、薩長に武器を売っていたイギリス人商人。長崎に今もあるグラバー園は、彼の旧宅です。

三菱を創業

その頃、時代の変化を読んだ(※)土佐藩士たちは、九十九(つくも)商会という海運会社を設立します。

※明治新政府が藩の事業を禁止する前に私的な商社を作って、今までの藩の事業を引き継がせようと考えました。

やがて弥太郎は、その九十九商会を監督する立場となりました。

明治四年(1871)に廃藩置県が行われると、岩崎弥太郎もそれまで就いていた藩での地位を失います。

そこで弥太郎は、九十九商会の経営を引き受けることに。

この九十九商会はその後「三川商会」に改称し、さらに「三菱商会」へと名を変えました。

海運王となった岩崎弥太郎

三菱商会のトップとなった岩崎弥太郎は、ライバルとの熾烈(しれつ)な競争の末、

海運業界での地位を確立していきます。

特に西南戦争下では政府側の軍事輸送を引き受け、三菱の財政基盤を強くすることに成功しました。

このときに得た利益によって、三菱は他の事業に投資を行い、一大産業資本を形成していくのです。

ですが海運の王者となった三菱を、おもしろく思わない人たちもいました。

詳しくは下記のエピソードで書きますが、いわゆるアンチ三菱の勢力との戦いを強いられることになります。

そんな中、岩崎弥太郎は胃がんによってこの世を去りました。

[関連記事]

 

岩崎弥太郎にまつわるエピソード

投獄中に算術を学ぶ

若かりし頃の岩崎弥太郎は、実は投獄されたことがありました。

そのきっかけとなったのが、上記で少し触れましたが、江戸遊学を切り上げる原因となった父でした。

弥太郎の父・彌次郎は酒の席で庄屋とケンカをし、ボコボコにされて帰って来たそうです。

そして終いには、彌次郎は投獄されてしまいました。

[関連記事]

知らせを受け、江戸から帰国した弥太郎は、奉行所に父の冤罪(えんざい)を訴えます。

ですが聞き入れてもらえず、奉行所の壁に批判する言葉を書いたのです。

そのため、弥太郎までもが捕まってしまいました。

ただし、獄中でも同房だった商人から算術や商法などを教えてもらい、

その後のキャリアに役立てたのですから、岩崎弥太郎はただでは転ばない男ですね。

vs渋沢栄一

上記で少し触れた、アンチ三菱。

中でも「日本資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一(しぶさわ・えいいち)は、

三菱が海運業界を牛耳っていることに危機感を覚えたのだとか。

そこで渋沢は政府に働きかけ、三井財閥を中心として「共同運輸会社」を設立。

ここに三菱対共同運輸という、激しい競争が始まったのです。

両社はダンピング(※)競争という泥沼にはまり、このままでは共倒れしてしまうというところまで行きました。

※ダンピングとは、あまりにも安すぎる値段で商品などを提供することです。

そこで両社は合併することになり、「日本郵船」が生まれました。

日本郵船が発足したのは、岩崎弥太郎が亡くなった後のことです。

[関連記事]

 

きょうのまとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。

岩崎弥太郎について簡単にまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

岩崎弥太郎とは?

① 貧しい家に生まれたが熱心に学問にはげみ、土佐藩でも出世した

② 三菱財閥を作り、海運業界の王となった

③ 成功しすぎたため、快く思わない人も多かった

こちらのサイトでは、岩崎弥太郎や幕末・明治にまつわる記事をわかりやすく書いています。

より理解を深めたい方は、ぜひお読みになってくださいね!










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 1 =