板垣退助よりも前にルイヴィトンを買っていた日本人がいた!?

 

フランスの高級ブランド、ルイ・ヴィトン

ヴィトンのかばんを初めて購入した日本人は、誰だと思いますか?

最近では板垣退助だと言われることがあるようですが、本当にそうなのでしょうか?

今回は、ルイ・ヴィトンの製品を初めて買った日本人についてご紹介していきます。

今までは後藤象二郎と言われてきたが・・・

高知県は実はこれまで、同じく土佐出身の後藤象二郎(しょうじろう)であるとしてきました。

さらに、ルイ・ヴィトンジャパンの初代社長・秦郷次郎氏も著書の中でその説を唱えていたそうです。

後藤象二郎がルイ・ヴィトンで買い物をしたのは顧客名簿によると1883年1月30日。

後藤は板垣退助と明治十五(1882)年、ともに横浜を出発しました。

そして香港・パリ・ロンドンなどを外遊、翌83年に帰国しています。

後藤はその際に、ルイ・ヴィトンの製品を購入したとみられていました。

ですが後藤が購入する3週間前、板垣退助が同じくルイ・ヴィトンのトランクを購入していたことが明らかになったのです。

板垣のトランクは現物が残っている

購入記録によると1883年1月9日、Itagakiという人物がシリアルナンバー7720のトランクをパリで購入したことがわかっています。

板垣が購入したというルイ・ヴィトンのトランクを子孫が保管していたのですが、なんとそれに書かれたシリアルナンバーと一致しました。

購入記録だけでなく、それを裏付ける現物まで見つかったのです。

なお、後藤象二郎に関しては現物は確認されていないようですよ。

ふむふむ、日本初のルイ・ヴィトン購入者は記録と現物がそろっている板垣で間違いなさそうです・・・・・・。

もっと昔に購入した日本人がいたらしい

しかし! 板垣や後藤より5年も前、ルイ・ヴィトンで買い物をしていた日本人がいることがわかっています。

記録によるとN.SameshimaとT.Nakanoという二人の人物。

いずれも何を購入したのかはわかっていないそうです。

N.Sameshimaは薩摩出身で、特命全権公使に任命されてパリに派遣されていた、

鮫島尚信(さめしま・なおのぶ)という人物であることがわかっています。

では、一方のT.Nakanoとは誰なのか。

後に長崎県や神奈川県知事などを務めた、中野健明(たけあき)という人物ではないかと言われているようです。

購入記録が残っている1878年、中野は外務一等書記官としてフランス公使館に勤務していたそうですよ。

鮫島と中野、いずれも現物は見つかっていませんが、板垣よりも早くヴィトンをゲットしていたのはこの二人のようです。

きょうのまとめ

今回は、ルイ・ヴィトンの製品をで初めて購入した日本人についてご紹介しました。

① 従来は後藤象二郎だとされていた

② 板垣退助に関しては、購入記録を裏付けられる現物が残っている

③ 記録の上では鮫島尚信と中野健明らしい

こちらのサイトでは、他にも板垣退助にまつわる記事をわかりやすく書いています。

ご興味をお持ちの方は、ぜひご覧になってくださいね!










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + two =