本多忠勝の身長は高かったのか

幼い頃から徳川家康に仕えていた本多忠勝は徳川四天王の1人として、家康が天下を取るために大活躍した人です。

徳川四天王とは、本多忠勝、酒井忠次、榊原康政、そして井伊直政のことをいい、

4人とも優れた能力で家康を助けました。

その四天王の1人本多忠勝は、とても骨太で大柄だったと噂があります。

今回は、本田忠勝の身長など身体的特徴について調べてみましょう。

本多忠勝は高身長?

本多忠勝の活躍

1548年に三河国額田郡(愛知県岡崎市)で本田忠高の長男として生まれました。

彼は幼い頃から徳川家康に仕えています。

13歳で元服し、その翌年には初めて敵の首を取ったという武者ぶりでした。

その後姉川の戦いや三方ヶ原の戦い、小牧長久手の戦いなどたくさんの戦さ場に出陣し、常に家康を守っていました。

生涯で57回も戦に出て、怪我1つ負わなかったといいます。

なんと強豪な武士だったのでしょう。

本多忠勝の優しい一面

彼は強いだけではなく優しい面も持っていました。

本多忠勝の娘が真田信之に嫁いだ後、関ヶ原の戦いで真田昌幸、幸村親子は徳川の敵にまわります。

徳川家康は真田親子を絶対に許すことはできないと考えるのですが、娘婿の信之が自分の親と弟の命を助けて欲しいと願います。

本多忠勝はその信之に加勢して、家康へ助命して欲しいと頼むのでした。

徳川家にずっと仕え、武功を挙げて来た忠勝の願いに、家康はシブシブですが応えるしかありませんでした。

真田親子は命を助けられ、高野山へ送られその後九度山で蟄居(ちっきょ)することとなったのです。

信之の頼みだけでは到底許されてはいなかったでしょう。

娘婿のために本多忠勝が必死に嘆願してくれたからこそ叶ったことだと思います。

本多忠勝の体格

彼の体格については、詳しい資料は残っていません。

ただ彼の武功ぶりから大柄の立派な体格の持ち主だと思われているようです。

本多忠勝が愛用していた槍は「 蜻蛉切(とんぼきり) 」と呼ばれ「 天下三名槍 」の1つとされています。

蜻蛉切は刃の長さが約44センチ、柄のながさは当時の槍の倍近い6メートルあったといいます。

それでも晩年は、自分の身の丈に合うようにと90センチほど短くしたそうです。

6メートルの槍を使うとなるとやはり大柄な人だったのかと思われますが、

彼が実際に着ていた甲冑が残されており、胴高39センチ、胴回りは約123センチです。

身長が159センチちょっとだとわかっている伊達政宗の甲冑は胴高38センチなので、

そこから想像すると身長は約160センチほどだったのではないかと推測されます。

きょうのまとめ

戦さ場を駆け回り、敵をことごとく蹴散らしてきた本多忠勝には豪快なイメージがあります。

それゆえ大柄な体格の持ち主だと思われても仕方ないでしょう。

しかし実際は160センチほどの身長だっようで、現代の人からすると普通で、あまり大きな人ではなかったようです。

戦国当時の人は150センチあれば大きい方だったようなので、それを考えると大きな人といっても言い過ぎではないでしょう。

晩年の忠勝は、周りのものに自分の名前を掘っていたようで、その時手に怪我をしたといいます。

「 本田忠勝も怪我をするようになっては終わりだな 」と言った言葉通り、それから間も無く亡くなったのです。

享年63歳。戦国の世を大暴れした武将の最期でした。










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − two =