迷えるあなたへ 文豪ゲーテの名言

 

ドイツを代表する文豪、

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

自然科学者や政治家、法律家としての顔を持っていながら、

やはり彼と言えば詩人や小説家、

劇作家などのイメージを抱く人が多いでしょう。

そこで今回は、ゲーテが遺した美しい言葉たちを、

彼の名言と共に見ていきます。

 

勇気がほしいあなたへ

ここでは、何か新しいことを始めようと思ったときに、

覚えておくとどこかで支えになるようなゲーテの名言をご紹介します。

まずは動くこと

ゲーテ
あなたにできること、あるいはできると夢見ていることがあれば、

今すぐ始めなさい。

向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です。

何かをやろうと思ったとき、その気持ちのままに行動を起こせば、

あなたの人生は動き始めます。

向こう見ず、と聞くと考え無しのように思えるかもしれません。

しかし先のことを考えすぎて怯え、始める前に諦めてしまうより、

取り敢えずでもやってみることで、必ず何か気づきがあるはずです。

物事には順序がある

ゲーテ
全てを今すぐ知ろうとは無理なこと。

雪が溶ければ見えてくる。

勇気を出して何かをやり始めたとき。

その熱意が高まっている時ほど、先を急ぎたくなるものです。

しかしそのはやる気持ちを抑えることも大切だ、

とゲーテはこの名言で教えてくれています。

真に難しいのは・・・

ゲーテ
何事も初めは難しい、ということわざは、

ある意味では真理かもしれないが、

より一般的には、何事も初めは容易だ。

最後の段階にのぼることこそいちばん難しく、

これにのぼり得る人間は稀だ。

行動を起こそうと思ったとき。

最初に必要なのは、そのときの熱意とほんの少しの勇気です。

しかしそれを最後までやり遂げられる人は、案外少ないものです。

刹那的な熱意だけでは、長期目標を達成するのは難しいのです。

だからこそ、ひとつ前にご紹介した名言を頭の片隅に置いて、

焦らずモチベーションを維持する方法を考えましょう。

両者の違い

ゲーテ
愚者と賢者は共に害がない。

半端な愚者と半端な賢者が、いちばん危険なのである。

ゲーテがこの名言で言っている半端な愚者と賢者とは、

信念や意思を持たない人のことと捉えることができます。

自分の考えを持てず、ただ流されるままに過ごしている人たちは、

目標や理想を持った賢者や、信念や考えを持った愚者に感化されやすく、

その時々で揺れ動き不安定になりやすいのです。

 

無気力を感じるあなたへ

ここでは、人生に行き詰まりを感じたときに思い出してほしい、

ゲーテの名言をご紹介していきます。

迷ったら後悔しない方を

ゲーテ
焦ることは何の役にも立たない。

後悔はなおさら役に立たない。

焦りは過ちを増し、後悔は新しい後悔をつくる。

やりたいことが見つからない。

豊かな現代社会に生きている特に若者の間では、

こういった思いを抱く人が多いです。

それでも、人生で選択を迫られる局面はたくさんあります。

焦るな、と無責任に言えるほど世の中は待ってはくれませんが、

そういうときこそ、この名言を思い出して下さい。

少し深呼吸をしてみて、そして自分が後悔しない道を探しましょう。

自分の心を大切に

ゲーテ
自分自身を信じてみるだけでいい。

きっと、生きる道が見えてくる。

先にご紹介した名言も踏まえ、自分の生きる道を探すとき、

後悔しないようにするには、自分で自分の心を大切にしないといけません。

他者の意見ではなく、他でもないあなたの心が躍り、満たされる事柄に、

あなたの選ぶべき道のヒントが隠されている。

無気力になりそうなときは、

自分の心が喜ぶものに焦点を当ててみるといいかもしれません。

心の自由とは

ゲーテ
本当の自由な心とは、「認める」ということである。

この名言では、ゲーテが考える自由な心とは何かが見えてきます。

好きなもの、苦手なもの、他者に対する感情、己の失敗。

自身の内外に存在するありとあらゆる物事について、

それを受け取ったときの自分の感情を「認める」。

全てを受け入れなさい、と言っているのではなく、

自分の目の前に現れたそれを、素直に認める。

それが心の自由につながるのです。

 

きょうのまとめ

今回は、ドイツの文豪ゲーテが遺した名言をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

何か心に響くものはありましたか。

ご紹介した名言の内容を簡単にまとめると

① あなたにできること、やれると思うことがあるなら、今すぐやるべし。向こう見ずは人生を動かす力になる。

② 全てを今すぐ把握するのは無理なこと。物事には順序がある。

③ 何事も、始めることより、実はやり遂げることの方が難しい。

④ 愚者と賢者に害はない。自分の考えを持たない半端な愚者と賢者が一番危険である。

⑤ 焦ることは役に立たないが、後悔することはもっと役に立たない。焦りは過ちを、後悔は新たな後悔をつくる。

⑥ 自分自身の心を大切にし、信じること。そうすることで、自分の生きる道をみつけるヒントが見えてくる。

⑦ 本当に自由な心とは、自身の内外に現れる事物全てを、受け入れるのでも拒むのでもなく、ありのままに「認める」こと。

最後にもう一つ、今を生きる全ての人たちに、

ゲーテのこの名言を贈ります。

「毎日を生きよ。あなたの人生が始まったときのように。」

 

その他の世界の偉人ははこちらから

関連記事 >>>> 「世界の偉人一覧」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × 3 =