ドヴォルザークとはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

 

後期ロマン派の作曲家、ドヴォルザーク

『新世界より』、『モラヴィア二重唱曲集』等の代表曲で知られる彼は、チェコ国民楽派を代表する一人でもあります。

ドヴォルザークとは一体、どの様な人物だったのでしょうか。

今回は、主な功績やエピソードと共にその生涯について見ていきましょう。

 

ドヴォルザークはどんな人?

プロフィール
ドヴォルザーク

アントニーン・ドヴォルザーク
Antonín Dvořák

  • 出身地:チェコ ネラホゼヴェス
  • 生年月日:1841年9月8日
  • 死亡年月日:1904年5月1日(享年62歳)
  • チェコ後期ロマン派の作曲家。

 

ドヴォルザーク 年表

年表

西暦(年齢)

1841年(0歳)チェコのプラハ郊外ネラホゼヴェス村で誕生。

1847年(6歳)通い始めた小学校の校長からヴァイオリンを教わり、才能を覗かせる。

1849年(8歳)村の教会で聖歌隊員になる。

1850年(9歳)アマチュア楽団のヴァイオリン奏者になる。父親により、実家の肉屋を継ぐために小学校を退学させられ、修業に行かされる。

1856年(15歳)チェスカー・カメニツェでドイツ語と音楽を学ぶ。

1857年(16歳)伯父からの金銭的援助を得て、プラハのオルガン学校に入学。

1859年(18歳)優秀な成績で卒業後、ヴァイオリン奏者として楽団に入団。

1862年(21歳)国民劇場の建設に伴い、仮劇場のオーケストラでヴァイオリン奏者になる。

1870年(29歳)初のオペラ作品『アルフレート』を作曲。

1871年(30歳)創作に時間を当てるためオーケストラを退団。個人の音楽教師として生計を立てる。

1873年(32歳)賛歌『白山の後継者たち』の初演が成功を収める。

1874年(33歳)プラハの聖ヴォイチェフ教会のオルガニストに就任。オペラ『王様と炭焼き』が大成功を収める。オーストリア政府の国家奨学金の審査に通り、以降5年間多額の奨学金を得る。

1876年(35歳)弦楽五重奏曲ト長調が芸術家協会芸術家賞を獲得。

1878年(37歳)全22曲からなる『モラヴィア二重唱曲集』によりブラームスから才能を見出される。宗教曲『スターバト・マーテル』や『スラブ舞曲集』を作曲。

1880年(39歳)歌曲集『ジプシーの歌』、交響曲第6番ニ長調を作曲。

1884年(43歳)演奏会のためにロンドンを初訪問。ロンドン・フィルハーモニック協会の名誉会員に推挙される。交響曲第7番を作曲。

1889年(48歳)オーストリア三等鉄王冠賞を受賞。

1890年(49歳)交響曲第8番を作曲。チェコ科学芸術アカデミーの会員に推挙される。プラハ音楽院教授に就任。

1891年(50歳)プラハ大学名誉博士号、ケンブリッジ大学名誉音楽博士号を授与される。

1892年(51歳)アメリカのニューヨーク・ナショナル音楽院で講義を開始。

1893年(52歳)交響曲第9番『新世界より』を作曲。

1894年(53歳)ニューヨーク・フィルハーモニーの名誉会員に推挙される。『聖書の歌』を作曲。

1895年(54歳)チェコに帰国後、プラハ音楽院で再び教鞭を執る。

1897年(56歳)オーストリア国家委員会の委員になる。

1898年(57歳)芸術科学名誉勲章を受賞。

1904年(62歳)持病の悪化と脳出血により死去。

 

ドヴォルザークの生涯

ここからは早速、ドヴォルザークの主な功績についてご紹介していきます。

後期ロマン派


ドヴォルザークの功績について知るうえで、まずは彼の作曲家としての立場を把握しておきましょう。

ドヴォルザークが活躍したのは19世紀の後半で、主な拠点は出身地のチェコでした。

当時のヨーロッパに流れる音楽的潮流としては、ロマン派が中心を占めていた時期です。

あらゆる芸術文化に影響を与えたロマン主義の特徴をまとめると、

・理性より感情重視

・空想、幻想、牧歌的世界への憧れ

・人間性を尊重した表現

といったものが挙げられます。

これは、18世紀の潮流だった啓蒙主義の、理性重視に対する反動として現れた潮流なのです。

その後期に生まれ育ったドヴォルザークが幼い頃から触れた音楽はやはりロマン派の影響が強く、音楽家となってからも若い頃は特に、ロマン派を代表するワーグナーなどへの傾倒が見られます。

楽団でのヴァイオリン奏者や、音楽の個人教師として生計を立てる傍ら、

・初オペラ『アルフレート』

・賛歌『白山の後継者たち』

・オペラ『王様と炭焼き』

などといった作品を創作しています。

国民楽派

徐々に作曲家として一目置かれるようになっていったドヴォルザーク。

彼は30歳になると、創作に専念するために楽団を退団します。

そして交響曲第3番、第4番といった作品によって、オーストリア政府から多額の奨学金を受けるまでになりました。

ドヴォルザークは生涯に渡り様々な賞を受賞していきますが、そんな地道な成功が彼を一流の作曲家へと押し上げたのです。

なかでも、全22曲からなる『モラヴィア二重唱曲集』がブラームスの目に留まったことで、ドヴォルザークの知名度は一気に上がることになりました。

・『スラヴ舞曲集』

・『弦楽四重奏曲第10番』

・『チェコ組曲』

など。

この頃から発表する作品は、20代までのワーグナーに影響を受けたドイツ的な作風から離れ、ドヴォルザークの故郷の特色を反映したものになっていきます。

このことから彼は、国民楽派の作曲家としても位置付けられているのです。

<モラヴィア二重唱曲集>

グローバルな活動を経て


作品の数々の成功と共に、その知名度は国外にも広がっていったドヴォルザーク。

彼は依頼を受け、

・ロンドンに9度の公演訪問

・ベルリンで指揮者デビュー

・ニューヨークで音楽教育

といった国際的な活動もしています。

さらに、故郷のチェコではプラハ音楽院で教授にまでなっています。

この様に多忙な日々を送る中でも、ドヴォルザークの創作の意欲が衰えることはありませんでした。

なかでも交響曲第9番『新世界より』は、彼がアメリカで教鞭を執っていた時代に、この土地に影響を受け制作された作品です。

しかし54歳の時にチェコに帰国すると、ドヴォルザークは故郷を自身の本拠地に定め、以降プラハの穏やかな環境の中で創作生活を送りました。

後期の主な作品には、

・交響詩『水の精』、『真昼の魔女』

・オペラ『悪魔とカーチャ』

・オペラ『ルサルカ』

などがあります。

また晩年の彼は、様々な名誉ある団体の会員任命や勲章の受賞も受け、62歳の時にその華やかな生涯を閉じました。

 

運命を分けた少年時代

ここではドヴォルザークの人物象を探るために、彼にまつわるエピソードをひとつご紹介します。

チェコのプラハ郊外、田舎町で誕生したドヴォルザーク。

彼の実家は肉屋と宿屋を営む、決して裕福とは言えない家庭でした。

一方、父と伯父がアマチュアの音楽家として演奏していたこともあり、ドヴォルザークも幼い頃からその才能を見せ始めます。

小学生で教会での聖歌隊、楽団のヴァイオリン奏者も務めました。

しかし肉屋を継がせるつもりでいた父親により、小学校を退学させられ、修業に出されたのです。

音楽の道を諦めるしかないように思われた彼でしたが、伯父の住むそのズロニツェという町で出会った人物が、なんと職業専門学校の校長かつ指揮者兼作曲家でした。

彼に才能を見出されたドヴォルザークは、そこで作曲や演奏の基礎を叩き込まれます。

そしてその後、彼と伯父に父親を説得してもらい、伯父には金銭的負担を丸ごと引き受けてもらえたことで、ドヴォルザークは音楽家となるべく一歩を踏み出せたのでした。

 

きょうのまとめ

今回は19世紀末にチェコで活躍した作曲家、ドヴォルザークについてご紹介していきました。

いかがでしたでしょうか。

最後に、ドヴォルザークとはどの様な人物だったのかを簡単にまとめると

① 19世紀後半に活躍したチェコの作曲家。

② 後期ロマン派であり、国民楽派を代表する作曲家である。

③ イギリスやアメリカでも活躍したが、晩年はプラハで創作に専念した。

ドヴォルザークは、金銭的に貧しい環境に育ちながらも、周囲の援助と地道な努力によって大きな功績を遺したのです。

彼の作品は、今なお多くの人々に愛されています。

 
目次に戻る ▶▶
 

その他の世界の偉人ははこちらから

関連記事 >>>> 「世界の偉人一覧」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

two × 4 =