尼子晴久の死因とは?毒殺?!

 

尼子晴久(あまご はるひさ)について聞いた事はありますか?

歴史の好きな方は、なんとなく耳にしたことがあるかもしれません。

中国地方の大混乱の時代に生きた武将です。

今日は、この尼子晴久の死因について簡単にみていきましょう。

尼子晴久の生涯と死因

家督を継ぐ

尼子政久の次男として生まれました。

この頃、祖父の経久が当主として治めていました。

山陰、山陽8か国を治める大名でした。

晴久の兄は若くしてなくなり、家督を継ぐはずの父、政久も戦で死去。

父の代わりに後継者として尼子家を率いるようになります。

しかし、この経久の統治も磐石とは言えず争いの絶えない中国地方においての家督就任となります。

当時、中国地方を二分していた大内氏と領地争いをくりひろげます。

今では有名な毛利家ですが、この頃は尼子氏の傘下でした。

しかし毛利家の後継者問題で、尼子家は元就が当主となることに反対。

結局、毛利家は元就が当主に就任。尼子家から離反し大内家に従うようになります。

皆さんもご存知の通り、後々毛利家は、大大名に成り上がって行きます。

この様に、晴久の代になり尼子家を取り巻く状況は緊迫していきます。

晴久が尼子家の支配を維持することは出来たのでしょうか。みていきましょう。

政治手腕

彼の祖父である経久は、尼子家を大きくした智将と言われています。

晴久は、経久と比べると劣る人物と思われがちですが、そうでもない様です。

戦国時代には多かったと思いますが、当主の交代とともに力が弱まる事がありました。

経久が尼子家を力で大きくしてきた分、晴久の代になり晴久で大丈夫なのかという疑問とともに大変だった部分も多かった様です。

父親が若くしてなくなりましたから、急に晴久が当主に繰り上がり、幼くして当主に成らざるを得ませんでした。

しかし彼は、まず財源の確保をしっかりと掌握しました。

水運事業に介入し、財源を得る様になります。

加えて、石見銀山を大内氏から攻略し財源の確保に成功します。

この銀山は後々、毛利元就からも狙われますが晴久の存命中は守り抜き、大きな軍資金確保に繋がりました。

もう一つの問題として、彼の支配中に家臣たちの寝返りが後をたちませんでした。

しかし、逆に晴久が攻勢になると見るや逆に寝返って晴久につくと言った事が後をたちません。

この寝返りについて彼はどう対応したのでしょうか?

晴久は、血縁関係があろうがあるまいが、謀反を企てたなら容赦なく配置換え領地削減などを行い支配力を強めて行きます。

また、積極的に能力のある者や領地を持っているものを奉行衆へと取り立てて、服従心を高めていった様です。

このような晴久の手腕により、尼子家は晴久の代で最大の領地を持っていました。

彼の将来を見据えた政治手腕は、かなりのものがあったと言えるのではないでしょうか。

晴久の死因

1557年大内義長が自害すると、大内氏の領土の大半を毛利元就が治めるようになります。

今までにも増して尼子家への圧力は高まります。

尼子家の軍資金の元であった、石山銀山を手中に収めようと攻めてきます。

しかし、山吹城での奮闘により、毛利元就を食い止め何とか銀山を守り抜きます。

結局、晴久の存命中は、銀山を奪う事はできませんでした。

この後も毛利方との戦をしますが何とか押し返します。

晴久の時代には、領地争いが絶えませんでした。

加えて、家臣が寝返る事も少なくありません、そのストレスもあったのでしょう。

47歳で急死します。

おそらく死因は、脳溢血(のういっけつ)であったと言われています。

これだけのストレスがかかる状況ですから、この脳溢血で死んだという説が有力のようです。

しかし、他の説もあります。

大河ドラマ、毛利元就の時にも描かれていました。

晴久の妻の父親が尼子国久で、この武将は、新宮党(しんぐうとう)と呼ばれる武闘集団を率いていました。

新宮党は、かなりの武功を挙げており、横暴な振る舞いをする者が出てきました。

晴久の家臣とたびたびぶつかり合う事もありました。

目をつぶることもできなくなり、粛清する事になります。

晴久の妻が父を殺された恨みから、毒殺したとも言われています。

戦国時代ですから、恨まれる事やストレスも多かったに違いありません。

どちらにしても晴久は急死してしまい、尼子家は衰退の一途をたどる事になります。

きょうのまとめ

尼子晴久は、いかがでしたか?

あの毛利元就ともやりあっていたわけですから、かなりのやり手だったにちがいありません。

よろしければ、他の記事もお読みください。










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen + seven =