レオナルド・ダ・ヴィンチとはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

 

世界で一番知られた画家レオナルド・ダ・ヴィンチ

人々はそのたぐいまれな業績に「天才」とたたえます。

かといって、レオナルド・ダ・ヴィンチ自身そんなに楽勝に人生を生きたわけではありません。

たしかに、かなりいろんな才能に恵まれた人でしたが。

才能だけではないレオナルド・ダ・ヴィンチの「天才人生」をふりかえってみましょう。

 

レオナルド・ダ・ヴィンチはどんな人

プロフィール
レオナルド・ダ・ヴィンチ

出典:Wikipedia

  • 出身地:イタリア・フィレンツェ県ヴィンチ
  • 生年月日:1452年4月15日
  • 死亡年月日:1519年5月2日(享年67才)
  • ルネッサンスを代表する画家。万能の天才。

 

レオナルド・ダ・ヴィンチの年表

年表

1452年(0才)レオナルド・ダ・ヴィンチ生まれる

1466年ごろ(14才ごろ)ヴェロッキオ工房に弟子入り

1475年(23才)『受胎告知』完成

1476年(24才)同性愛の疑いをかけられる

1483年(31才)『岩窟の聖母』製作開始。このころ美少年ジャコモと出会う。

1498年(46才)『最後の晩餐』完成

1502年(50才)チェーザレ・ボルジア付きの軍事技術者となる

1507年(55才)フランスの宮廷画家となる

1519年(67才)レオナルド・ダ・ヴィンチ亡くなる

 

レオナルド・ダ・ヴィンチの生い立ち

レオナルド・ダ・ヴィンチ。

ヴィンチとは彼の生まれた村を表します。

父親セル・ピエロは公証人(取り引きに関してちゃんとしてるか、をお役所の立場から見たりあつかったりする仕事)。

カテリーナという娘との間に生まれたのがレオナルド・ダ・ヴィンチ。

しかし、カテリーナの身分が低かったため、セル・ピエロは彼女と結婚しません。

セル・ピエロはレオナルドを引き取り、やがてヴェロッキオ工房へ弟子入りさせます。

 

天才の下積み

レオナルド・ダ・ヴィンチは幼いうちから大変な天才ぶりを発揮。

あまりの絵のうまさに、師匠ヴェロッキオが絵描きをやめてしまうほど。

しかし、その後レオナルドの長い挫折が始まります。

●なぜか、なかなかパッとした絵を描けず

●描くのが遅い、というコンプレックスを持ち

●仕事をうけ負っては完成できずにほっぽらかし

●同性愛者として訴えられ(当時のキリスト教社会では厳しく取り締まられました)

しかも、

●イタリアは不景気

と来たものです。

 

万能の天才

一方でレオナルド・ダ・ヴィンチは画家以外のいろんな分野に手を出します。

●弦楽器ではなかなかの腕前

●舞台演出も手がけました

●解剖を研究するために、夜な夜な墓を勝手に掘り返すほど

●いろんなものを設計・発明しました

●地図も描け、当時イタリアで軍事・政治的にのし上がっていたチェーザレ・ボルジアの軍事顧問にもなりました

関連記事 >>>> 「レオナルド・ダ・ヴィンチ先生の天才エピソードを紹介ニャ!by〇〇」

 

やっと成功

40代半ばで大作『最後の晩餐』のオファーが舞い込みます。

レオナルド・ダ・ヴィンチもこの時ばかりは最後までやりきりました。

そのおどろくほどの仕上がりにレオナルド・ダ・ヴィンチへの評判は大いに高まります。

残念ながら、この時の画法がまずくて作品はすぐに劣化し始めてしまうのですが。

その後レオナルド・ダ・ヴィンチは『モナ・リザ』『聖アンナと聖母子』などをてがけるようになります。

やがては利き腕の左手が動かなくなってゆくと、絵描きの方はほどほどに。

最後は病気のためフランスで息を引き取ります。

享年67才

 

死後のレオナルド・ダ・ヴィンチ

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品は彼の死後も歴史の中をさまざまに経めぐってゆきます。

『最後の晩餐』はナポレオン戦争時には馬小屋にされ、第二次世界大戦では空爆にさらされながら奇跡的に助かりました。

『モナ・リザ』はナポレオンが寝室に持っていくこともありました。

2000年代には彼の遺した暗号(コード)なるものが推理映画として全世界で大ヒット。

普通、世の中には流行りすたりというものがあります。

しかし、これほどのロングセラーをたたき出せる人って世界の歴史上でもどれぐらいいるものでしょう。

なぜ、彼の作品は長く深く愛されるのでしょうね。

関連記事 >>>> 「レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』にまつわる歴史ドラマ」

 

きょうのまとめ

おいらのことを忘れちゃいけないですニャ!

レオナルド・ダ・ヴィンチ先生一番の弟子であり、養子のジャコモですニャ。

ダ・ヴィンチ先生はおいらからたっぷり霊感を受けて、名作をいっぱい描き残しているニャン。

みんなおいらのことを“ド気まま”“手癖の悪い”ドロボウ猫あつかいしますが、先生は、

「つまり猫は、最高傑作である。」

という大名言まで残しているニャン。

先生は猫キャラであるおいらに目がないですニャン♡

① レオナルド・ダ・ヴィンチは意外に下積みが長かった

② レオナルド・ダ・ヴィンチは万能の天才。ただやっぱり美術がきわだって超絶!

③ レオナルド・ダ・ヴィンチ作品は世の流行りすたりすらものともせず

ありがとうジャコモ!

そっちではあんまりいたずらしないでくださいね~。(レオナルド・ダ・ヴィンチはそれに興奮をおさえられないのですが)

 

関連記事 >>>> 「レオナルド・ダ・ヴィンチ先生の代表作品7選を紹介ニャ!by〇〇」

関連記事 >>>> 「レオナルド・ダ・ヴィンチ先生の謎をいっぱい紹介ニャ!by〇〇」

関連記事 >>>> 「レオナルド・ダ・ヴィンチ先生の名言6選を紹介ニャ!by〇〇」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 1 =