吉川元春とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

 

76戦無敗のレジェンド、吉川元春

豊臣秀吉に最後まで降伏しない姿勢は「 鬼吉川 」の異名そのものかもしれません。

父毛利元就は「 三本の矢 」の教えでも有名、一代で八カ国を手中に収める名将。

「 三本の矢 」の教えは逸話ですが、その教えの如く三兄弟は強い絆で結ばれていました。

次男元春は吉川家の当主、三男隆景は小早川の当主として、

本家長男の毛利隆元を支え続けました。

豊臣秀吉も脅威と恐れた吉川元春とはどんな人物だったのでしょうか。

どうぞ最後までご覧ください。

 

吉川元春はどんな人?

  • 出身地: 安芸国 郡山
  • 生年月日: 1530年
  • 死亡年月日: 1586年(享年 57歳)
  • 無敗の武将、豊臣秀吉も恐れた猛将。「 三本の矢 」の教えの次男でも有名

 

吉川元春 年表

年表

西暦(年齢)

1530年(1歳)中国地方の有力武将毛利元就の次男として生まれる。

1540年(11歳)父元就の反対を押し切り、吉田郡山城の戦いで元服前の初陣を飾る。

1547年(18歳)家臣熊谷信直の娘と結婚、母の実家吉川興経の養子となる。

1550年(21歳)父元就が吉川興経を隠居させ、元春に吉川家を相続させる。

1555年(26歳)厳島の戦で勝利し、大内軍を撃破。

1557年(28歳)父毛利元就が隠居、「 毛利の両川 」の一翼として毛利家を支える中核となる。

1566年(37歳)第二次月山富田城の戦で尼子家を滅亡させ、出雲国は毛利家の支配下とする。

1578年(49歳)織田信長軍豊臣秀吉の中国攻略で衝突。

1582年(53歳)本能寺の変が起こり、豊臣秀吉と和睦。

1584年(55歳)豊臣秀吉が天下人となり門下に入ることを嫌い隠居。

1586年(57歳)豊臣秀吉の命令から九州攻めに参陣するが小倉城で病死。

 

76戦無敗、吉川元春!

吉川元春は全76戦無敗と言われています。

11歳の時、まだ元服前の吉川元春は父毛利元就の反対を押し切って敵兵を討ち初陣を飾ります。

父毛利元就より

戦では元春に及ばぬ

とまで言わしめました。

全76戦、64勝12分という戦歴で無敗を続け、
毛利家の中国地方の統一に貢献します。

しかし、実際は第一次月山富田城の戦では毛利元就軍が敗戦し、参戦していた吉川元春も敗戦しています。

その後、奪還したのですが、
厳密には無敗とは言い難い面はあります。

実際に勝率は非常に高いことは間違いなく、
戦の天才であったことは間違いないでしょう。

[関連記事: 吉川元春にまつわる城についてはこちら]

 

不美人と結婚したことが強さの秘訣?!

吉川元春の妻は新庄局(しんじょうのつぼね)。

毛利家家臣の熊谷信直の娘ですが、
不美人であると言われていました。

しかし、吉川元春は新庄局を大事にし、
側室を持たず四男一女をもうけました。

しっかり者の妻で、
非常に夫婦仲は大変良かったようです。

この姿勢は他の家臣からも賞賛されており、信頼の強い強固な軍団をつくり上げた要因とも言われています。

無敗の将吉川元春をつくり上げたのは、
このような姿勢も影響しているかもしれません。

 

[関連記事: 吉川元春の家系図についてはこちら]

 

「 三本の矢 」の教えは本当?

父毛利元就の最後の言葉「 一つの矢は折れやすいが三本の矢は折れない 」は有名ですね。

兄弟が一致団結して協力することの重要性を説いた逸話です。

しかし、この話も実際はなかったと言われています。

事実、長男の毛利隆元は父元就の前に亡くなっています。

しかしながら、この教えの内容の通り、兄弟3人が一致団結し、協力していたことは間違いありません。

次男吉川正春は母の実家吉川家の当主として、三男の小早川秀秋は小早川家の当主として、

それぞれ本家毛利家を支えます。

この吉川家、小早川家は本家毛利家を支える「 毛利両川 」と呼ばれ、三家は固い絆で結ばれていました。

この強固な団結をもって、
毛利家が中国地方を支配した大きな要因なのかもしれません。

 

きょうのまとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。吉川正春についていかがでしたでしょうか。

吉川正春とは?

① 元服前に初陣を飾り、戦の天才だった

② 76戦無敗と言われる強さは本物

③ 妻を大事にする姿勢は家臣の結束を高めた要因の一つ

④ 「 三本の矢」 の教えは逸話だが、その内容通りの結束があった

と言えるのではないでしょうか。

その他の記事についても吉川正春にまつわる色々な記事を書いています。

よろしければどうぞ御覧ください。

 

[関連記事: 吉川家の家紋についてはこちら]

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × four =