高橋是清はお札になっていた!お金にまつわるエピソード3選

 

高橋是清といえば「財政」のイメージが強いのではないでしょうか。

日本銀行の総裁や大蔵大臣を務めた高橋には、お金にまつわるエピソードがたくさんあります。

いえ、それ以前にお金に苦労したという話も……。

そこで今回は、高橋是清とお金にまつわるエピソードを簡単にご紹介します。

 

高橋是清とお金にまつわるエピソード

それでは、高橋是清とお金の話を3つほど紹介していきますね。

お札になっていた

戦後の昭和26年(1951)、50円札が発行されました。

50円といえば、現在は硬貨ですよね。

このときの50円札は、唯一発行された「50円札」だったのです。

 

そして、このお札に肖像が使われたのがメガネ姿の高橋是清でした。

意外ですが、お札でメガネをかけているのは、高橋是清と新渡戸稲造だけだそうですよ(2018年現在)。

高橋の50円札発行から4年後、50円硬貨が登場。

そして昭和33年(1958)には発行停止となります。

 

発行期間はわずか5年

幻のお札か!? と思われるかもしれませんが、

戦後に発行された紙幣のため、結構今でも遺品整理などをしていると出てくるのだそうです。

もしかしたら、いつか出会えるかもしれませんよ。

だまされた!ペルーの銀山事業

さて次は、高橋是清が農商務省にいた時、つまり若い頃の話です。

とある先輩から、ペルーの銀山事業をやってみないかと誘われました。

なんだか、嫌な予感がしますね。

 

高橋は仕事を一時中断し、ペルーへと赴きます。

そして、2か月ほどしてわかったのです。

その銀山はすでに掘り尽くされていたということが……。

 

この結果、高橋は多額の借金を抱えることになり、さらに「山師」とまで言われる始末。

ですが、これがきっかけ(※)で日本銀行に入るのですから、人生に無駄はないのかもしれません。

※銀山事業に誘ってきた先輩・前田正名が、当時の日銀総裁に口利きをしてくれました。

お札を刷りまくって取り付け騒ぎを鎮める

若い頃はいろいろあった高橋是清でしたが、次は70歳を過ぎたときのお話です。

 

時は昭和金融恐慌、各地の銀行では取り付け騒ぎが起こっていました。

そんなとき、田中義一内閣の大蔵大臣となったのが高橋是清でした。

しかも健康状態があまりよくないから、と3~40日くらいと期限付きで引き受けます。

 

田中義一内閣はモラトリアム(※)を出し、その間に500万枚もの200円札を用意。

銀行に来た預金者に山のように積まれたお札を見せたことで、取り付け騒ぎは落ち着きました。

※支払猶予令。銀行が一時的に支払いをしなくて良いとすること

 

また高橋はいくつかの法案を提出。

すると金融恐慌は2か月で終息し、高橋是清は大臣就任から44日で職を辞しています。

実はその刷りまくったお札、時間がなかったので裏は白いまま(裏白紙幣)だったんですけどね。

 

きょうのまとめ

今回は高橋是清とお金にまつわるエピソードについて、簡単にご紹介しました。

① 高橋是清が肖像になった50円札は、今でも見つかることがある。

② ペルーの銀山事業でだまされるも、それがきっかけで日銀に入った。

③ 表だけのお札を大量に印刷、預金者に見せることで取り付け騒ぎを鎮めた。

こちらのサイトでは他にも、高橋是清にまつわる記事をわかりやすく書いています。

より理解を深めたい方は、ぜひお読みになってくださいね。

 

高橋是清の【完全版まとめ】はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「高橋是清とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + 20 =