「マハトマ・ガンジー」明日への活力になる名言(英語)3選

 

「 太陽が沈むことはない国、大英帝国 」と称されたイギリスに

『 非暴力・不服従 』を掲げて戦いを挑んだ、

インド独立の父ガンジー

『 ヤングインディア 』紙やそれを引き継いだ『 ハリジャン 』紙などを創刊しており、

演説などでも一生の中で人の心に響く名言をいくつも残しています。

平和主義者ガンジーならではの明日への活力にある名言を、3つ厳選してご紹介したいと思います。

ガンジーってどんな人?

本名は、「 モーハンダース・カラムチャンド・ガーンディー(Mohandas Karamchand Gandhi) 」といい、

『 マハトマ(=偉大なる魂)・ガンジー(Mahatma Gandhi) 』という尊称で呼ばれた人物です。

デモ行進や断食により人々の心に訴えることで非暴力での抵抗を実現させ、インドを独立へと導きました。

独立後も、命を懸けてイスラム教とヒンズー教の融和を目指しました。

自らの行動により「 非暴力や不服従 」を訴えたといえば厳格な人を想像しますが、実は謙虚でユーモラスな人柄だったようです。

 

「 人を信じる心 」をなくしてはいけない

You must not lose faith in humanity. Humanity is an ocean. If a few drop of the ocean are dirty, the ocean does not become dirty.

(「人を信じる心」をなくしてはいけない。人間性とは、大海のようなもの。ほんの少し汚れていても、海全体が汚れることはない。)

たとえ信じていた人に裏切られたとしても、それはその人の中のたった一部分に芽生えた汚れに過ぎない。

人間の心は海ほどに広い。

そんなちっぽけな汚れで、自分のすべてが侵されることはない。

ガンジーは、断食をすることによって自分の思いを相手の心に訴え、相手に通じた時は生きられる。
もし誰も分かってくれない時は、死が待っていた、まさに正義と不義との背中合わせの人生だったのでしょう。

こんな命懸けの断食を敢行したガンジーだからこそ、説得力のある言葉に聞こえます。

少し変わった見方をすれば、ガンジーの命懸けの断食はある意味“人を信じていたから”できたのではないでしょうか?

ガンジーが暗殺された時、「 あなたを許す 」というジェスチャーをしました。

暗殺されて自分の命が消えても、ガンジーの切なる願いヒンズー教とイスラム教の融和とパキスタンとインド統一を信じていたのかもしれませんね。

まず自分自身を変えねばならない

You must be the change you wish to see in the world.

(世界に変化を望むなら、まず自分自身を変えねばならない。)

この言葉は、長文の一部分です。

If we could change ourselves, the tendencies in the world would also change. As a man changes his own nature, so does the attitude of the world change towards him.

(要するに、自分は世界の一部なのだから、自分を変えずに世界を変えることなんてできないのだ。)

「 世界を平和にしたいのなら、人が変えてくれるのを待つのではなく、自分から行動しなければいけません。 」という戒めを感じられます。

非暴力・不服従運動で命を懸けて断食をしたガンジーですが、この言葉から彼自身も学んだのです。

自分を変える上で、生活を簡素化させました。

食べるものも「 必要な量を必要なだけ食べる 」を実行し、質素に暮らす一生を送っています。

名言を残すほどの何かを成し遂げた人物って、常日頃からの行いも立派だったことを改めて感じるエピソードですね。

真実はすべて心の中にある

There is all truth in mind. A person has to seek for that and be led by Mami.

(真実はすべて心の中にある。人はそれを探し求め、真実によって導かれなければならない。)

生きていれば誰もが、これは正解。あれは間違っていると思うでしょう。

人は自分自身が信じること、居心地がよいと感じることを、心の中に秘めているのではないでしょうか?

それを探し出し、自分が進むべき道を見つけて進むという、素晴らしい生き方の真理だと思います。

一呼吸おいて、自分の心の中を見つめてみませんか?

きっと心の奥底にある、安らぎに出会えるはず。

きょうのまとめ

マハトマ・ガンジーの名言は、いかがでしたでしょうか?

「決心をした人は、それに向かってどのようなことでも成し遂げることができる。」を、

身をもって証明したのがガンジーという人物ではないでしょうか?

平和主義者としての生涯を送ったガンジーの言葉に触れて、「 心の奥底に潜む平和 」を感じる心地よいひとときを・・・。

他にもガンジーに関する記事を書いています。ぜひお楽しみください。

[関連記事]









合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 2 =