アメリカの父ベンジャミン・フランクリン心に刺さる名言5選

 

アメリカ独立宣言の案を考えた一人であり、アメリカ建国の父として知られる

ベンジャミン・フランクリン

彼の著作「フランクリン自伝」はアメリカのロング・ベストセラーとなりました。

今回は政治家にして物理学者、そして発明家でもあった彼の頭の中を、

名言から探っていきましょう。

 

ベンジャミン・フランクリン 名言5選

ベンジャミン・フランクリン

出典:Wikipedia

ここからは心のどこかに置いておいて、いざという時に思い出したくなるような

ベンジャミン・フランクリンの名言を、厳選して5つご紹介いたします。

何であれ、怒りから始まったものは

何であれ、怒りから始まったものは、恥にまみれて終わる

ストレスが多い現代社会。日常生活を送る中でついカッとなってしまうことは、

誰にでもあることです。しかしそれを感情のままに外にぶつけるのは一旦待ってください。

そして、自分は完璧なんだろうか?と少し考えてみて下さい。

失敗は誰にでもあること、わざとやったわけじゃない、

自分の当たり前が他人にとっては予想外かもしれない、そんな風に考えてみると、

少し心に余裕が生まれてくるのではないでしょうか。

怒りに任せて感情的に人や物にあたり、後から後悔した経験のある人は、

ベンジャミン・フランクリンのこの名言を心に留め、一旦冷静になってから改めて

怒りの原因になった部分について伝えてみましょう。

関係を崩すことなく、相手にも聞き入れてもらいやすいです。

憲法が与えてくれるのは幸福を追求する権利だけ

憲法が与えてくれるのは幸福を追求する権利だけ。幸福は自分の力で掴むべし

アメリカの独立と自由・平等などの基本的人権や、国民の革命権などを含む、

アメリカ独立宣言の発案者の一人でもあるベンジャミン・フランクリン。

彼が物事の本質をしっかりと見据えていたことがこの名言に表れています。

私たちも日々さまざまな規則や制約のなかで生活しています。

その中にはあって助かるものや、ちょっとめんどくさいなと思うものなど、

人や状況によってそれらの持つ意味が変化します。

そして幸福も人それぞれ。上から定められた決まりや制限があるなかで、

いかに自分が楽しく生きるか、幸福を勝ち取るかは自分の行動次第です。

自分で考えて、自分で行動して、自分の幸せを見つけていきましょう。

成功が多くの人をダメにした

成功が多くの人をダメにした

ベンジャミン・フランクリンはこう言っていますが、とはいえ彼は、

成功することがいけないと言っているわけではありません。

成功したことに浮かれて、または偉そうになってしまうことによって、

その後の行動や言動で失敗したり、人からの信用を失ってしまう人が多いことに

彼は嘆いているのです。天狗になってはいけません。

成功したときは大いに喜んで自分をほめてあげましょう。

そしてひとしきり自分をほめた後は、再び気を引き締めて謙虚になりましょう。

偉業を成し遂げる人物は、過去の成功に捕らわれることなく常に先を見据えています。

相手を説得するのに正論は意味がない

相手を説得するのに正論は意味がない。相手にどんな利益があるのか話すだけでいい

これはビジネスをする上では当然のこととして実践している人も多いでしょう。

しかしこの名言を覚えておけば、ビジネス以外でも人に伝える上では

さまざまな場面で役立ちそうですね。

いくら正しいことや事実だけを一生懸命伝えていても、

相手の心に届かなければ説得するのは困難です。

ここぞというときに自分の意見を通したいときには、

一度相手の立場に立ってから戦略を練りましょう。

これを意識して実践を重ねていけば、気づいたらコミュニケーション力まで

磨かれているかもしれません。

他人に対して善を行っているとき

他人に対して善を行っているとき、人間は自己に対して最善を行っている

日本のことわざにも「情けは人の為ならず」というものがありますよね。

人に親切なことをしていれば、巡り巡って自分にもその親切が返ってくるという意味です。

ベンジャミン・フランクリンのこの名言では、人に親切を行っていること自体が自分にとって、

最も善いことを行っているのだと言っています。

彼は、巡り巡ってくる自分への親切のことを考えているのではなく、

今親切なことをしているその瞬間が自分の為になっていると考えているのです。

私たちも人に親切にするときは、彼の名言の方を心に浮かべたいものですね。

 

きょうのまとめ

今回はアメリカ建国の父、ベンジャミン・フランクリンの名言を5つ紹介しました。

なるほどな~、と思うものや覚えておきたいものはありましたか?

彼の名言についてまとめると

① 何であれ、怒りから始まったものは、恥にまみれて終わる

② 憲法が与えてくれるのは幸福を追求する権利だけ。幸福は自分の力で掴むべし

③ 成功が多くの人をダメにした

④ 相手を説得するのに正論は意味がない。相手にどんな利益があるのか話すだけでいい

⑤ 他人に対して善を行っているとき、人間は自己に対して最善を行っている

ベンジャミン・フランクリンの名言は名言というだけあって奥深いものが多く、

彼の人柄や生き方がかいま見えるようなものが他にもまだたくさんあります。

気になる人はぜひ調べてみて下さい。

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × two =