豊臣秀吉とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

 

応仁の乱から数えると、

100年以上にも及んだ戦国の世を、一つにまとめることに成功した

豊臣とよとみ秀吉ひでよし

秀吉抜きでは日本の歴史を語ることはできないといっても過言ではないでしょう。

並みいる大名をおさえ天下統一を果たしたのが、なぜ最下層の農民出身の秀吉だったのか。

豊臣秀吉はどんな人物だったのでしょうか。

その生涯を見ていきましょう。

 

豊臣秀吉とはどんな人?

プロフィール
豊臣秀吉

豊臣秀吉
出典:Wikipedia

  • 出身地:尾張(現在の愛知県)
  • 生年月日:1537年
  • 死亡年月日:1598年8月18日(享年62歳)
  • 最下層の身分から立身出世し、天下人にまで上り詰めた人物。

 

年表

西暦(年齢)

1537年(0歳)
 尾張国愛知郡に生まれる

1554年(17歳)
 織田信長の仕官に

1573年(36歳)
 長浜城の城主となり「木下」から「羽柴」へ改姓

1582年(45歳)
 本能寺の変で倒れた織田信長の仇討ち、
 「中国大返し」を決行
 山崎の戦いで明智光秀を破る

1585年(48歳)
 3月紀州征伐
 6月四国攻め

1586年(49歳)
 7月九州征伐
 9月天皇から正式に下賜された「豊臣」を氏とし、太政大臣に任官される

1588年(51歳)
 茶々を側室へ

1590年(53歳)
 小田原の役で北条氏を降伏させ名実ともに天下を統一

1592年(55歳)
 第一次朝鮮出兵(文禄の役)

1593年(56歳)
 茶々(淀殿)が秀頼を出産

1597年(60歳)
 第二次朝鮮出兵(慶長の役)

1598年(61歳)
 伏見城にて死去

 

豊臣秀吉を天下人に導いた要素

豊臣秀吉は、尾張国愛知郡中村郷(現在の愛知県名古屋市中村区)の生まれで、

下層農民出身と言われています。

名門と言われる武将が乱立する戦国の世において、なぜ秀吉が天下人になれたのでしょうか。

その理由が語られるとき、野望の大きさがクローズアップされがちです。

しかし、それだけで天下統一を成し遂げることは不可能でしょう。

たくさんの人の協力を得てこそ大成できるということを、

何もない身分から出発した秀吉は身に染みて理解していたことでしょう。

主君に気に入られ、有能な人物を部下とし右腕にするための、

「人間性と性格」は欠くべからざる要素だったことは間違いありません。

そしてもう一つ、「大きな視点で物事をとらえ、大名たちの賛同を得られた」ということも忘れてはならないでしょう。

天下統一を果たし、戦乱の世を終わらせるという理想。

更には周辺諸国を含めた国際情勢を分析し、

どのように対処すべきかという先見性は、国をまとめ上げていく際の大きな力となったと思われます。

晩年、総力を挙げて行う「朝鮮出兵」は、

当時のヨーロッパ列強の動き、特にスペインの動静に対して先手を打つ意味合いが強いものでした。

 

関連記事 >>>> 「豊臣秀吉の性格を簡単に解説」

関連記事 >>>> 「豊臣秀吉が天下統一を成し得た理由」

 

 

豊臣秀吉のエピソードと伝説

天下人となった秀吉にまつわるエピソードや伝説は多く、

興味を惹かれるところです。

秀吉が使用した家紋

天下人となった秀吉が使用する家紋「桐紋」には、

秘められた意味があります。

その中でも「五七桐」と言われる構成の紋は、選ばれしもののみが使用できるものでした。

関連記事 >>>> 「豊臣秀吉が用いた家紋「桐紋」に秘められた意味」

秀吉の家系図から見る三英傑のつながり

「織田信長、豊臣秀吉、徳川家康」

三英傑と言われる3人は、家系図を見てみると、

信長の妹である「お市の方」の娘、「江」と「茶々」でつながることがよくわかります。

特に豊臣の後継者となる「秀頼」を生む「茶々(淀殿)」は、

豊臣滅亡から徳川台頭までの人間ドラマのキーパーソン的存在です。

 

関連記事 >>>> 「豊臣秀吉の家系図を簡単に紐解く!お市の方と茶々」

 

秀吉の死因

秀吉の死因は、大好物の天ぷらの食べ過ぎだったと語られることがありますが、

それは徳川家康だったと言われています。

脚気や胃癌など、さまざまな説があるのですが、

実際のところ文献が残されているわけではないので、はっきりしていないようです。

 

関連記事 >>>> 「豊臣秀吉の死因は天ぷらの食べ過ぎだった?」

 

秀吉の子孫

秀吉の子孫に関しては、唯一成人した秀頼の子供、「国松」「奈阿姫」の行く末を見るとわかります。

残念ながら、どちらも子供を作ることなく死んでいるので、

ここで秀吉の直接の子孫は途絶えたようです。

「国松」は生きていたという伝説があったりもしますが、

明確な証拠となる文献が存在しているわけでもないので、

伝説の域を出ていません。

 

関連記事 >>>> 「豊臣秀吉の子孫は現在まで続いている?」

 

きょうのまとめ

豊臣秀吉についてエピソードを交え紹介させて頂きました。

豊臣秀吉は、

① 最下層の身分から立身出世し、天下人にまで上り詰めた

② 初めて近代的な「国家を経営」する視点で思考し行動していた

③ 戦乱の世を収め、諸外国の侵略に対抗する手を打った

人物と言えるのではないでしょうか。

底辺から最高峰まで上り詰めた豊臣秀吉には、伝説やエピソードも多く、

数多くの読み物に描かれているため、真の姿がよく分からなくなってきているとも言えます。

日本の歴史を語る上で欠かせない人物である豊臣秀吉。

「 天下統一という大事業を成し遂げたという、紛れもない事実 」

に基づいて考察した時、真の姿が浮かび上がってくるのではないでしょうか。

 

その他の人物はこちら

安土桃山時代に活躍した歴史上の人物

関連記事 >>>> 「【安土桃山時代】に活躍したその他の歴史上の人物はこちらをどうぞ。」

時代別 歴史上の人物

関連記事 >>>> 「【時代別】歴史上の人物はこちらをどうぞ。」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 3 =