島津義弘の関ヶ原における撤退戦

島津義弘は薩摩国の大名で、島津家の第17代当主です。

彼は武勇に優れており「 鬼島津 」と呼ばれていました。

そんな義弘も戦国時代の大名として関ヶ原の戦いに参戦しています。

鬼島津の戦いぶりはどうだったのでしょうか。

今回は関ヶ原で島津義弘がどのような動きを見せたのか調べて見ましょう。

関ヶ原当時の島津家の内情

豊臣秀吉がこの世を去った頃、当時の島津家当主であり、

反豊臣的な感情を持つ兄・島津義久と、親豊臣派である弟・義弘の間に亀裂が入っていました。

豊臣方を守りたくても義弘に本国の軍を動かす力がなく、関ヶ原の戦いでは大阪にいた少数の兵を率いただけでした。

会津征伐へ

家康が上杉景勝を討つために会津征伐へと動くと、義弘は援軍を頼まれ1000の軍勢を率いて、家康の家臣が籠城する伏見城へ援軍として駆けつけました。

しかしその家康の家臣は、「 そんな話を聞いていない。 」と言って入城を拒否します。

このため敵の西軍に囲まれ孤立してしまいました。

義弘は西軍へと立場を変えるしか生き延びる策はありません。

西軍の大将石田三成は、たった1000の兵しか率いていない義弘を軽視し、義弘の作戦にも耳を傾けなかったという話があります。

はたして、多くの大名に東軍へ寝返りされた西軍は本当にそのような態度をとったでしょうか。

例え1000の兵でもありがたいものだったと思われるのですが。

関ヶ原の戦い

島津義弘は関ヶ原の戦いが始まると、参陣はしたものの兵を動かそうとしませんでした。

石田三成の使者が義弘に援軍を要請しましたが、この使者が馬から降りず援軍を依頼したことが義弘や甥の豊久には不快でした。

無礼だと追い返し、戦う意欲を失ってしまったようです。

島津の退き口

数時間後西軍が次々と倒れていく中で島津軍は退路を断たれ孤立してしまいました。

義弘はもはやこれまでと自害しようとしましたが、豊久の説得を受け逃げる覚悟をします。

この時島津家が取った策は、「 捨て奸(すてがまり) 」といい、何人かが残って敵を鉄砲で狙い、自分の命がなくなるまで足止めをし、そこを抜けられたらまた次の何人かが残って敵を迎え撃つという捨て身のものでした。

その中に甥の豊久も入っておりたくさんの将兵たちが命を落としました。

その時に井伊直政に重傷を負わせ、他の追手にもダメージを与えたことにより義弘はかろうじて逃げ出すことに成功しました。

その見返りに、多くの有望な武将たちが散っていったのです。

この退却戦は「 島津の退き口 」と呼ばれるようになりました。

きょうのまとめ

薩摩に戻った義弘は、徳川との和平交渉をしています。

それも仲介役に依頼したのは、島津家が重傷を負わせた井伊直政でした。

直政は徳川と島津のために奔走してくれたそうです。

戦場を離れれば、敵でも味方でもないお互いが認め合える時代だったのですね。










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 − 1 =