島津義弘とはどんな人?簡単に説明【完全版まとめ】

 

薩摩の武将・島津義弘は戦国時代に最も勇猛果敢な人物の1人といっても過言ではないでしょう。

九州で勢力を持っていた大友宗麟を打ち負かしたこの人物。

「鬼島津」とも呼ばれたこの武将はどのような人だったのでしょうか。

 

島津義弘はどんな人?

プロフィール
島津義弘

出典:Wikipedia

  • 出身地:薩摩国(現在の鹿児島県)
  • 生年月日:1535年8月21日
  • 死亡年月日:1619年8月30日(享年85歳)
  • 鬼島津の名で数々の武功を挙げてきた

 

島津義弘 年表

年表
西暦(年齢)

1535年(1歳)薩摩に生まれる。(初名 忠平)

1554年(20歳)初陣。

1564年(30歳)日向国飯野城主となる。

1572年(38歳)木崎原の戦いで伊東家を破る。

1578年(44歳)耳川の戦いで大友宗麟を破る。

1585年(51歳)兄義久に子供がいないため、家督を譲られる。

1587年(53歳)戸次川の戦いで勝利。筑前と豊前以外の九州を統括。

1592年(58歳)朝鮮出兵(1597年まで)

1598年(64歳)朝鮮からの引き上げで殿を務める。

1600年(66歳)関ヶ原の戦いで司法を敵に囲まれるが、捨て奸り戦法で切り抜ける。
後に「島津の退き口」と呼ばれる。

1602年(68歳)徳川家康により所領を安堵される。この時家督を譲り隠居する。

1919年(85歳)大隅の加治木において死去

 

島津義弘に関する様々なエピソード

兄島津義久の補佐役として活躍する

この頃島津家には4人の兄弟がいました。

その中で群を抜いていたのは次男の義弘でした。

彼は兄義久を支えながら、戦場においては総大将を務め、敵からは「鬼島津」と言われたほどです。

九州の桶狭間と言われた木崎原の戦いや、九州を征服しようとしていた大友宗麟との耳川の戦いで実に見事な采配を振るっています。

朝鮮出兵時も、敵国から「鬼石曼子(グイシーマンズ)」と呼ばれていました。

外国の人から見ても「鬼」だったのでしょう。

あまりにも有名な島津の退き口

これは関ヶ原の戦いにおいて、島津軍が万事休すといった状況下でとった作戦です。

一度は降伏し自害しようとした義弘を甥の豊久らが励まし、命を落として義弘を逃したものです。

それは捨て奸りすてがまりといい、数名の兵が追ってくる敵将に命ある限り食らいつき足止めをするのです。

その兵が死ぬと次の数名の兵が同じように戦います。

そして義弘は安全な場所へと逃げることができたのです。

これによって失った兵は、甥の豊久を始め名だたる武将たちでした。

家臣に優しい義弘

「鬼」と呼ばれた義弘でしたが、大変な部下思いの人でした。

朝鮮に出兵した際も、囲炉裏端で部下たちの足を温めさせ、当時凍死する兵が多かったと言われる朝鮮でも島津家の家臣にそのようなものは1人もなかったと言います。

またある日小姓たちが、火鉢で遊んでいましたが、義弘が部屋に入ると慌てて火箸を灰の中に落としてしまいます。

義弘はそれをとがめもせず、素手で火箸をすくい灰の中に突き立てたそうです。

家臣が心配すると、

「姓はいたずらで手を焼かせる」

といっただけでしたがその手は真っ赤に焼けていたそうです。

妻子思いの義弘

義弘は側室を持ちませんでした。

朝鮮からも愛妻に手紙を送ったりしています。

関ヶ原で命からがら脱出した時も、大阪で人質になっている妻子らを救出に向かったと言います。

「鬼」とはかけ離れた一面ですね。

 

きょうのまとめ

島津義弘についていかがでしたでしょうか。

島津義弘とは?

① 兄義久を支えた島津4兄弟の次男

② いい継がれる「島津の退き口」

③ 部下思いの「鬼」

④ 愛妻家であった「鬼」

その他の記事についても島津義弘にまつわる色々な記事を書いています。

よろしければどうぞ御覧ください。

 

関連記事 >>>> 「島津義弘が最強と言われたわけ」

関連記事 >>>> 「島津義弘の関ヶ原における撤退戦」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × three =