紫式部さん、『源氏物語』を書いた理由について、いいですか?

 

1000年を越える昔に書かれた、今では世界的に知られた作品『 源氏物語 』。

一体どうして紫式部はこの長編小説を書いたのか、その謎を追ってみました。

『 源氏物語 』とは

まず、この物語が平安時代の人々にウケたその理由について整理します。

スキャンダラスなのに上品で大人な作風

『 源氏物語 』は、平安時代中期に54巻からなる紫式部が生涯で唯一書いた長編物語です。

光源氏はパーフェクトな平安貴公子。

光るような美男子で、文武両道、そして管弦や舞踊の才能にも恵まれた妖しいほど魅力的な男性と言う設定です。

少女漫画の王子様的なキャラクターでありながら、儒教的・道徳的倫理観に囚われない、素直で奔放な彼の恋愛遍歴。

その心理描写、そしてまるで実在の人物を描いたかのようなリアリティ-で圧倒する設定が見事です。

スキャンダラスな内容でさえも、しっとりとした表現力で現実社会や人間の真理を描写した作者の成熟度が作品を下品にさせません。

女目線の理想の男性像

『 源氏物語 』のドラマチックな物語構成は、当時の平安貴族社会に熱狂的に受け入れられました。

女房たちはもちろん、政治の中枢をになう公家たち、藤原道長や天皇、后まで先を争うように読み、写本しました。

物語の舞台は、彼らの生活の場を彷彿とさせたのです。

フィクションでありながら、とてもリアリティ-のある作品は、特に女性の読者の心を煽りました。

当時の恋愛は男中心。

男が興味を持った女性の元に通い、結婚しても通い婚。

女性は男に飽きられれば捨てられるだけでした。

でも、光源氏は違ったのです。

手を付ける女性の数は多くとも、一度関わりを持った女性のことは生涯面倒を見る男でした。

当時の女性からみればまさに理想の男性。

『 源氏物語 』は女の女による女のための文学であり、女が理想の男性を作り上げ、願望を託した文学だとも言われています。

紫式部が『 源氏物語 』を書く動機

このお題は『 源氏物語 』の今も論議されている大きな謎の一つです。

いくつか説があります。

ただひたすら彰子后のため説

一条天皇の后である彰子の父親は藤原道長。

道長ががっちりと天皇家と政治的に結びつくには、彰子が天皇の寵愛を得て皇子を産まなくてはなりません。

そのため式部は彰子の家庭教師も兼ねて彰子のサロンに採用されたのです。

『 源氏物語 』が文学好きの一条天皇の興味をそそれば、天皇は彰子の部屋へ通ってくる数も増え、皇子に恵まれるチャンスも増えるというもの。

紫式部は、天皇と世間の注目を彰子サロンに向けるためにドラマチックな『 源氏物語 』を書かなければならなかった、という説です。

小説家としての意欲説

もともと『 源氏物語 』は紫式部が一条天皇の后彰子に仕える前から書いていたもの。

書いては友人に見せる、同人誌的なところから始まりました。

それが評判になり、式部は彰子の家庭教師としてヘッドハントされたわけです。

片っ端から中国の書物や仏典を読みあさり、元々書くことが大好きだった式部。

『 源氏物語 』は彼女の「 書きたい 」という強い欲求から始まった物語で、現代の小説家の創作意欲と同じだ、と言う説です。

藤原道長へのあてつけ説

実は、紫式部には藤原道長と不倫関係にあったのではないかという噂があります。

式部が結婚する前に、一度藤原道長の妻源倫子(みなもとのりんし)のために出仕していたことがあり、その頃から何かあったというわけです。

その後式部は結婚して、夫と死別します。

その時、式部に朝廷への再出仕を持ちかけたのは道長でした。

実際、鎌倉時代の公家の系譜をまとめた『 尊卑分脈』 には、紫式部が「 御堂関白道長妾 」であると書かれています。

この記録の信憑性の問題はありますが、記録通りであれば、紫式部は公にも知られる道長の愛人。

さらに、『 紫式部日記 』には、紫式部の寝泊まりしている渡殿の戸を道長が一晩中叩き続けたエピソードについても書かれています。

富も地位も名誉も全て手に入れた道長が、恋の相手を紫式部一人に絞るわけでもなく、宮中の女性に手をだすこともあったでしょう。

そんなところを賢い紫式部が『 源氏物語 』に託して道長へ忠告メッセージを織り込んでいた、という説。

その他の説

村上天皇の皇女選子内親王という人物がいました。

12歳で賀茂斎院(賀茂神社に奉仕する未婚の皇女)となり、57年間も斎院の任を勤めた女性。

彼女のいる斎院は宮中に次ぐ文化サロンだったと言われており、平安文学界のトップ2である清少納言と紫式部も選子内親王の人柄を認めていたようです。

その彼女から望まれて紫式部が新しい物語を書き始めたという説があります(鎌倉時代初期の評論『 無名草子 』)。

また、藤原氏の陰謀によって左遷された源高明(みなもとのたかあきら)の鎮魂のために藤原氏である紫式部に書かせたと言う説も。

それが本当なら、光源氏のモデルが源高明だという話しにも合点がいきます。

おわりに

『 源氏物語 』を書いた動機については、未だにはっきりとは分かりません。

もしかしたら、紫式部がこの物語を書いた理由は、たった一つの単純な動機によるものでもないかもしれません。

彼女の小説家としての意欲、中宮彰子のため、実在の人物へのメッセージを織り込むため、それらの動機がいくつも混ざり合った作品なのではないでしょうか。

紫式部は内気で、本当は朝廷などの晴れがましい職場を好まず、男性に対してもノリの悪い女性でした。

でも、そんな彼女が一度筆を持つと、大胆でありながら素晴らしい日本文学の最高峰の作品に仕上がりました。

その動機が何であれ、大成功だったに違いありませんよね、紫式部さん。

[関連記事]









合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 5 =

ABOUTこの記事をかいた人

歴史ライター、商業コピーライター 愛媛生まれ大阪育ち。バンコク、ロンドンを経て現在マドリッド在住。日本史オタク。趣味は、日本史の中でまだよく知られていない素敵な人物を発掘すること。路上生活者や移民の観察、空想。よっぱらい師匠の言葉「漫画は文化」を深く信じている。 明石 白(@akashihaku)Twitter https://twitter.com/akashihaku 明石 白(akashihaku)Facebook https://www.facebook.com/akashihaku