今川義元 桶狭間の戦いの敗因 なぜ織田信長に敗れたのか。

 

なぜ、今川氏は圧倒的な勢力がありながら敗れたのか?

今川義元は1519年、駿河、遠江(静岡県一帯)守護の今川氏親の五男として生を受けました。

やがて駿河を支配下に収め、戦国時代、織田信長との桶狭間の戦い当時は、

一大勢力を持った名高い戦国大名として名を馳せていました。

一方の織田信長といえば尾張(愛知県)一国のみの主に過ぎず、東から押し寄せて来る今川義元の軍隊によって危機に陥っていました。

このような状況で、なぜ織田信長が桶狭間の戦いで今川義元を敗ることができたのか。

当時誰も予想だにしなかった桶狭間での、今川義元の敗因をみていきましょう。

今川義元の犯した過ち

5千人だけだった!!

1560年5月19日、織田信長は今川軍が、

織田方の前線基地の丸根砦に攻めかかった

との一報を受け、夜更けに小姓5騎のみ従えて出陣をします。

途中、熱田神宮に立ち寄り、そこに集結した2500人の兵士と共に戦勝祈願しています。

その後、善照寺砦に500人の兵士を残し、2000人の兵士と共に進軍しました。

その道中、支配下の豪族から

桶狭間方面に敵が単独で行軍している

との情報を得た信長は急ぎ行軍しました。

一方の今川義元は、直属の5000人ほどの兵士と行軍しており、残りの大軍とは連携の取れない状態にありました。

あろうことか、義元は孤軍で桶狭間を進軍していたのです。

今川義元は、この桶狭間の戦で勝利できる大軍を擁していながら、

自らの隊を孤軍として行軍させてしまうという失策を講じてしまったことが原因となり、信長に逆転勝利されてしまうのです。

桶狭間の天候 視界をさえぎる豪雨

すぎから視界をさえぎるほどの豪雨が降り始め、織田軍は今川軍に察知されることなく、2000の軍で5000ほどの今川義元、率いる軍に接近することに成功しました。

因みに、織田信長が出陣する時には、雨がよく降ることから「 梅雨将軍 」の異名を持っていたそうです。

一方、行く手を阻む豪雨を前に、今川軍は休息を取っていたのだと言われています。

思いもかけない奇襲攻撃を受けた今川軍は、戦闘準備も十分に整わないまま、もう後がないと必死に攻め込む織田軍の猛攻を受けて、徐々に崩されていきました。

桶狭間の戦いは織田信長、今川義元も自ら槍を振るって死に物狂いで戦う激戦となりました。

ついに今川義元は、戦況の不利を悟り旗本隊に守られて逃走しました。

しかし織田軍の凄まじい追撃を受けて、今川軍の旗本隊は持ちこたえることが出来ず壊滅してしまいます。

逃走していた義元は遂に、追いつかれてしまい織田方の精鋭部隊の馬廻衆である、服部一忠(小平太)に斬りかかられますが、これはなんとか討ちとりました。

しかし、同じ馬廻衆の毛利良勝(新助)に組み伏せられて遂に、義元は首を討たれてしまいました。

きょうのまとめ

今川義元は、

なぜ桶狭間の戦いで負けてしまったのかを読み解いてきましたがいかがでしたか。

桶狭間の戦いの今川義元の敗因をまとめると
 

① 油断から?今川義元の孤軍による進軍行動

② 今川義元の孤軍進行の情報を得る信長の情報収集力

③ 信長の豪雨を利用した急襲

と言えるのではないでしょうか。

以前、NHKのテレビ番組でこのテーマを扱っているのを見ましたが

解説の方は「 織田信長が偉かった! 」と語っておられました。同感、然り・・です。

確かに2万もの軍勢で織田軍を、滅ぼそうとしていた今川義元は、

まさか織田信長が野戦で挑んでこようとは思いもがけない、寝耳に水の、まさに想定外の事態だったことでしょう。

そこに天をも味方につけた、「 梅雨将軍 」ですから・・・もはや勝ち目は、ありません。

信長にしてもこの軍隊の大差の中、確たる勝算の無い中で、一か八かの出撃でしたが

信長も、もはや籠城しても難しいこの戦況下では、まさに打って出て可能性を見だす以外に選択肢はなかったのだろうと思います。

 

[関連記事]

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − two =