続日本100名城に選ばれた長宗我部元親の城

メディアやゲームキャラクターとして取り扱われ、近年高い人気を誇る戦国武将です。

その長宗我部元親の居城である「 岡豊城(おこうじょう) 」が、2017年に続日本100名城に選ばれました。

岡豊城とはどんなお城だったのでしょうか?

岡豊城とはどんな城?

続日本100名城に選ばれた岡豊城ですが、そもそも続日本100名城とは?

詳しく見ていきましょう。

続日本100名城とは

日本100名城」という言葉を知っていますか?

2006年に財団法人日本城郭協会が発表した日本各地の名城100選です。

歴史的価値や建築様式、知名度などを考慮して専門家によって選ばれました。

北海道の五稜郭(ごりょうかく)、兵庫県の姫路城、京都の二条城など、

誰でも知っているような名城が揃っています。

100名城スタンプラリーなども行っているので、一度くらいは聞いたことがあるかもしれませんね。

その日本100名城に続くものとして、城郭協会50周年を迎える2017年に、

全国500城の候補の中から「 続日本100名城 」が選定されました。

日本にこんなにたくさんお城があるって、少し驚きですよね。

岡豊城の歴史

標高97メートルの岡豊山に築かれた山城で、鎌倉時代初期に長宗我部氏によって築かれた、

といわれていますが、正確な築城年代は分かっていません。

土佐を管轄していた細川政元(ほそかわまさもと)が暗殺され、細川家では家督争いが勃発(ぼっぱつ)。

土佐の支配力は弱まり、土佐七雄(とさしちゆう)という有力国人が台頭します。

土佐七雄: 室町時代末期から戦国時代にかけて土佐国に存在した7つの豪族の総称
本山氏、吉良氏、安芸氏、津野氏、香宗我部氏、大平氏、長宗我部氏

1508年、土佐七雄の争いは激化し、岡豊城は落城。

その時の城主であった長宗我部兼序(ちょうそかべかねつぐ)は、土佐国内に亡命し、

1511年に岡豊城主へ復帰します。

元親の時代になると土佐を平定、1585年には四国を統一し、岡豊城は四国の本城となります。

1591年、長宗我部元親が新たに「 浦戸城(うらどじょう) 」を築くと、岡豊城は廃城となります。

現在の岡豊城

現在の岡豊城は建物は残っていませんが、長宗我部元親によって整備され、

元親が居城していた当時の姿を完全に残しています。

戦国時代の城郭を知る上では非常に重要な遺構(いこう)です。

本丸、東に二の段、西に三の段・四の段が配置された縄張りとなっています。

本丸には建物の礎石(そせき)が残されており、どのような位置に建物が建っていたのか、

当時の様子が良く分かります。

土塁(どるい)や空堀も多少埋まって浅くなっている所もありますが、当時のままです。

削られたり壊されてしまった城も多い中、これだけ当時の姿をはっきり残しているのは、

地元の人々に保護されてきたからに他なりません。

豊岡城、しいては長宗我部家への地元の人たちの思いの深さが伝わります。

きょうのまとめ

長宗我部氏が築いた岡豊城についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

当時の遺構を完全に残す、とても貴重なお城であることが分かりました。

建物こそありませんが、続日本100名城の名にふさわしい、

すばらしいお城なのではないでしょうか。

近くに行った際には、ぜひ立ち寄ってみたいですね。










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 4 =