実は天才?!長宗我部元親の家臣、中島可之助

 

長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)の家臣である、

中島可之助(なかじまべくのすけ)

という人物を知っているでしょうか?

長宗我部元親の使者として、織田信長に面会した人物です。

彼の何がすごかったのかと言うと、元親の嫡男(ちゃくなん)弥三郎の烏帽子親(えぼしおや)と

四国阿波への侵攻という、元親側の願いをあっさりと信長に認めさせてしまったことです。

中島可之助という人物は一体どんな人なのでしょうか?

 

中島可之助の交渉術とは?

中島可之助とはどんな人だったのか?

どんなすごい交渉術を使ったのでしょうか?まとめてみました。

身分が低かったのに大抜擢

使者として織田信長と面会した可之助ですが、長宗我部家の家臣の中でも低い身分でした。

可之助もそれを気にしていたようで、「 可 」と言う文字は漢文では必ず一番上にくるので

あえて「 可 」という文字を名前に使っていたそうです。

自分より高い身分や優位に立つ相手に送る使者は、格式の高い身分の家臣を送るのが普通です。

実際、家臣たちは家老を使者にするべきだと主張しますが、

元親は家臣団の大反対を押し切って可之助を使者に選びます。

元親がなぜ可之助を使者にしたのかは、詳しい資料が残っていないため不明ですが、

溺愛していた息子の烏帽子親を依頼する使者に抜擢(ばってき)したのですから、

よほど可之助を信頼していたのでしょう。

結果、交渉は成功したわけですから、元親の人を見る目は確かだったようです。

信長との対面

信長と対面した可之助は、弥三郎の烏帽子親と阿波への侵攻を信長に願い出ます。

信長は可之助に

「 元親は無鳥島(むちょうとう)の蝙蝠(へんぷく)である 」

と言います。

鳥もいない島のコウモリである 」と言ったのです。

田舎者だとか、井の中の蛙だとかそのような意味だと言われています。

その信長の言葉に可之助は

「 蓬莱宮(ほうらいきゅう)の寛典(かんてん)に候 」

と答えます。

蓬莱宮とは、神が住むと言われる蓬莱山にある宮殿のことで、寛典とは、寛容とか恩恵といった意味であるとされています。

これを聞いた信長は可之助を気に入り、弥三郎の烏帽子親を引き受け、

自分の「 信 」の一字をとり「 信親 」という名前を与えます。

さらに四国切り取り自由、つまりは四国を好きにしていいよ、というお墨付きまで貰うのです。

天才?偶然?可之助の交渉術

信長との対面の一幕、何がなんだか分かりません。

天才同士にしか分かり合えない何かがあったのでしょうか?

解釈の仕方が文献によって異なっており、

可之助が信長の言いたいことを理解して、即座に返したから気に入られた。

蓬莱宮の寛典の意味を信長も分からなかったが、立場上、意味を聞けなかった。

元親を馬鹿にしたのに、褒められていると勘違いした可之助が、

信長を褒めるような返しをしたのが、おもしろかった。

など様々です。

しかし信長を怒らせることなく、元親側の要求を全て通したことは事実です。

これが中島可之助が実は天才だったのでは?と言われる所以(ゆえん)です。

きょうのまとめ

長宗我部元親の家臣、中島可之助についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

家臣は、主である戦国大名の影に隠れてしまいがちですが、

すごい人はたくさんいるのですね。

本当に天才だったのか、偶然だったのか、気になる所です。

 

関連記事 >>>> 「長宗我部元親とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − 10 =